茅ヶ崎の話

茅ヶ崎市 参院選ティッシュに投票時間を誤記載 

7月6日、読売新聞の湘南ページに 「啓発用のティッシュ 投票時間を誤記載」という記事が掲載された。茅ヶ崎市の選挙管理委員会が、参院選の啓発のために作ったポケットティッシュのミニチラシに「投票時間の記載ミス」があったことが分かり、5日に記者発…

茅ヶ崎の最も液状化する場所に、税金250億?

熊本地震の液状化の帯 熊本地震によって、熊本内陸部に「液状化の帯」ができた。海岸から約8キロの内陸部で、有明海へ流れる二つの川(白川と加勢川)にはさまれた、幅約50~100メートル、全長5キロの帯状のエリアに液状化が集中した。 かつて川が流…

茅ヶ崎市の待機児童数1位、財政は最下位、それでもハコモノは建てるもんね!

待機児童数ワースト1の茅ヶ崎市 「保育園落ちたの私だ 」に関連して、茅ヶ崎市の待機児童数を調べてみた。2015年6月に発表された県内の待機児童数では、 茅ヶ崎市(115人)が最も待機児童が多い自治体 となった。4月から「子ども・子育て支援新制…

茅ヶ崎市は最下位の財政だと自覚しよう!!

みなさんに質問です。 「茅ヶ崎市の財政の豊かさは、県16市で、上、中、下のいずれに位置すると思いますか?」 市の職員や、一般市民、学生たち数十人に、同じ質問をしてみたところ、最も多い回答が上、ついで中、下は数人だったということです。 さて、そ…

スポーツへのリスペクトは茅ヶ崎に存在するの?

スポーツへのリスペクトとは? テニス人気は一時期低迷していましたが、錦織選手の活躍で盛り返し、ラグビーが南アフリカ戦での逆転トライで、一気に人気スポーツになり注目されました。WOWOWの全米オープンテニス放送でのインタビューで、印象に残った錦織…

箱根駅伝、あの松林、茅ヶ崎の光景 今年で見納め?

新年の2日、3日は恒例の箱根駅伝。茅ヶ崎は往路3区(戸塚~平塚)で、134号線の海岸沿いを走ります。藤沢の遊行寺から茅ヶ崎海岸に向けての道中は、TV中継では、延々と続く電柱と電線、建物、看板がうつし出されて、みどりも松林も、湘南から、茅ヶ崎から…

「市民説明会」で居眠りしている茅ヶ崎市長 

はじめから市民の声を聞く気はないの? 今年の夏、平成27年7月から8月まで、茅ヶ崎市内12ケ所の公民館や会館、コミュニティーセンターで、市民と市長(市役所)との「懇談会」が開かれました。「懇談会」といっても「行政懇談会」は、市民と市が直接に…

市民からの苦情トップはホノルル姉妹都市 茅ヶ崎市 Part1

ダントツにトップの苦情件数 平成26年度(2014年4月〜2015年3月) 茅ヶ崎市役所に寄せられた、市民からの苦情をまとめた資料によると、最も苦情が多かったのが、「ホノルル姉妹都市提携について」だった。 ★その苦情の内容は • 公人なので遺族の…

ホノルル・ワイキキビーチは下水流入で遊泳禁止 茅ヶ崎

ワイキキビーチも遊泳禁止 茅ヶ崎市と姉妹都市提携した、 ホノルルのワイキキビーチ。 豪雨のために、排水路を通じて1900立方メートルもの下水が海に流れ込み、8月24日、当局は「深刻な感染が起きて健康被害が出る恐れがある、もっとひどいことになる…

なぜ、こんなにサメが目撃されているのだろう? 茅ヶ崎

火山活動は明らかに活発化 サメではないけれど、今年4月10日、茨城県鉾田市の海岸にイルカ(カズハゴンドウ)160頭が打ち上げられた。 毎年打ち上げられるが、100頭を超すのは見たことがないということだった。東日本大震災の1週間前、2011年…

シュモクザメ30匹確認で、サザンビーチ遊泳禁止 茅ヶ崎

★茅ヶ崎市 HPより サザンビーチちがさき海水浴場は、今回のサメの目撃情報により、海上監視体制を強化し、より皆さまに安全な海水浴場を楽しんでいただくために、8月17日(月)8時30分から「遊泳注意」で開設しています。 (adsbygoogle = window.adsby…

ホノルルウィークの茅ヶ崎市に寄せて アロハマーケット

またひとつ、茅ヶ崎らしい場所が消える 茅ヶ崎アロハマーケット2015 が開催された茅ヶ崎公園のテニスコート。ここもテニスコートがつぶされて、ハコモノが建ちます。サザンのコンサートが行われた野球場のある公園ですが、あの開放感のある松林の美しい光景…

緊急連絡! かつてのサザンライブ「茅ヶ崎公園野球場」の光景は見れなくなります!

サザンオールスターズの10年ぶりのニューアルバム『葡萄』が発売されたばかりですが、茅ヶ崎市の痛いニュースがまた一つ飛び込んで来ました。 (最近の茅ヶ崎は、こんなことばかりです。) *茅ヶ崎公園野球場すぐ脇にハコモノ 2000年8月に開催されて…

サザン姉・えり子さん 茅ヶ崎への「先見の明」 カーメル

前記事の続きサザン桑田さんの姉、えり子さんが結婚後にアメリカに渡り生活した場所が、 カーメル・バイ・ザ・シー( Carmel-by-the-Sea)略してカーメル。サンフランシスコの南、約200kmにあるモントレー半島、 その半島の北側にあるのがモントレー、南側に…

あの時サザンの姉、えり子さんが茅ヶ崎市長になっていれば・・・

茅ヶ崎海岸の景観を守る活動 桑田佳佑さんの姉・岩本えり子さんの著書 「エリー (c) 茅ヶ崎の海が好き。」 えり子さんは、サザンファンや市民活動に参加した方はご存知のように、茅ヶ崎の、サザンビーチの自然と景観を守る市民活動をされていた。 茅ヶ崎で育…

「茅ヶ崎ブランド」「湘南ブランド」って何?

長いこと、地元に住み続けて 今だによくわからない 「茅ヶ崎ブランド」「湘南ブランド」という言葉。 たぶん、地元民にとっては、湘南は湘南で、 茅ヶ崎は茅ヶ崎なだけ、の話だと思う。茅ヶ崎なんて、鎌倉の古くからの住民から見たら、 昔から、地の果ての田…

サザン桑田さんについて 岩手県知事の持論

地元紙の質問に答えて 岩手県の達増(たっそ)拓也知事が、サザン桑田さんのパフォーマンスについて、1月19日の定例記者会見で、地元紙の記者の質問に答えたものです。サブカルチャーへの造詣が深いことでも知られる知事で、ツイッター、ブログなどでも話題…

茅ヶ崎海岸の野良うさぎ ゴマ

ゴマちゃんは、ちいさな奇跡の実話 おそらく、茅ヶ崎海岸の松林を寝床にして生きのびてきた、子うさぎだったゴマと、茅ヶ崎在住のカメラマン内藤さんの、ちいさな奇跡の実話です。今では茅ヶ崎で、知る人ぞ知る本になりました。「茅ヶ崎海岸の野良うさぎ ゴ…