湘南に住もうと思うなら、松林と住む話

『湘南』には、 実は「松林」こそなくてはならないもの、なんです。

どうなる? 茅ヶ崎ゴルフ場跡地・・・なぜ「跡地」なのか?

茅ヶ崎は県で最大のクラスター火災エリア

ヘリコプターから茅ヶ崎の映像を見ると、海岸側は、ほぼすべて建築物で埋め尽くされて、『みどり』の部分がもうほとんどないのです。

 

★茅ヶ崎市は県で最大のクラスター火災エリア

f:id:Merimaa88:20150211120114j:plain

広く空いている緑の空間はここだけ、茅ヶ崎ゴルフ場(写真・上)

茅ヶ崎ゴルフ場は、地震など災害時の「広域避難場所」に指定されています。

今年の3月に「茅ヶ崎ゴルフ場が閉鎖」になりました。

その後この広い敷地がいったいどうなるのでしょう?

 

周辺の住民は、何とか残してほしいと市や県に要望しています。

もう緑の広い場所も、松林も他に残っていません。

この場所しかないのです。

 

売却されたり、開発されて「広域避難場所」を失ったら、それはさらに広範囲の緑を、松林を失うことも意味しています。

 

防災の上でも、自然環境、生態系の上でも、

海岸の松林を残せるのか、

この場所が消えてしまったら・・・

茅ヶ崎の海岸側は、危機にさらされると言っていい場所です。

ここは湘南海岸にとっても、生命線と呼んでもいい場所なのです。

 

 

なぜ、茅ヶ崎ゴルフ場「跡地」なのか?

2015年3月に「茅ヶ崎ゴルフ場」がクローズしたとき、多くの住民は、ゴルフ場がもうからなくて経営が続かないので、クローズしたと思っていました。
市からも、ただ撤退したという説明だけでした。


そして、県や市、茅ヶ崎共同は「ゴルフ場跡地」という言い方を最初から伝えました。

しかし、真相はまったく違っていました。

 

*県がゴルフ場の賃料として、バブル時の2億を要求していた。
*茅ヶ崎共同は賃料の受け取りを拒否していた。

これでは、どのような事業でもやっていけない、不可能です。

 

そして、ゴルフ場が存続出来る可能性もあるのにかかわらず、行政は「ゴルフ場跡地」という言い方を、最初から勝手にしていたのです。


いかにも「開発しないといけない」「開発あるのみ」という、開発を正当化する言い方です。

 

市の工夫次第で、ゴルフ場は存続できることが分かった

住民は「経営が困難」というイメージを持たされていましたが、市の努力次第、工夫次第で、ゴルフ場が経営できることを知りました。 

ところが、市はそういう提案や可能性や方法を、まったく住民に示しませんでした。 

 

初期段階で、住民にそれが分かっていたら、まったく違う展開になっています。

その責任は大きい。行政は、住民をあざむいています。


また、茅ヶ崎協同が「ゴルフ場に貸さない」という考えを示すなら、市と県と基本方針の話し合いに入るべきでないのです。

市はそういう可能性の提案をせず、県からの打診があったことも知らせず、議会でもその話題をつぶし、住民にたいして情報を共有する姿勢のない、条例に反する対応をしてきました。

そのことへの、住民側の怒りは「意見交換会」などで、市も県も知っているはずです。

 

次世代に「みどり」と「広域避難場所」を残すために

このまま、商業施設への開発にならないよう、 ゴルフ場の緑と松林の空間を守り、次世代へつなげていくことを大多数の住民は望んでいます。

 

わずかに残されている『みどり』は、防砂林としての松林だけ。
それさえ、実際はもうわずかの薄さしかありません。

134号を片側2車線に拡張する工事のために、あるいはマンション開発で海岸沿いの松林はさらに伐採され、あっという間に美しい松林は姿を消して行きました。 

 

merimaa88.hatenablog.jp 

merimaa88.hatenablog.jp

茅ヶ崎のクラスター火災 神奈川県が発表した被害想定

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/311/3kasai.pdf#search='神奈川+クラスター火災'

スポンサーリンク