市民と情報の共有のない「茅ヶ崎ゴルフ場の利活用について」

市民の意見を聞く場は持たれていない

茅ヶ崎ゴルフ場の今後について、市長の回答は

*市営の公園は財政上の問題でありえない

*県営公園もありえない
(原則、県営公園は市にひとつ。すでに里山公園があるため。)

*市は跡地を買い取らない


昨年8月の議会では、「なるべくやわらかい段階で住民の意見を聞く」と市長は答弁してましたが、半年たった1月になっても、いまだ市民の意見を聞く場は持たれていません。

その間、市長と副市長は何をしていたかというと、ホノルル姉妹都市提携のために、ホノルル行きを13回、繰り返していました。


f:id:Merimaa88:20170228152155j:plain

住民へはまったく情報提供がない!

平成27年1月19日、

「住民・市民と情報を共有する」という姿勢を持たないまま、いきなり「ゴルフ場の利活用について」という報告がありました。

☆報告・・・住民との協議はなしで、既に決まっていることを説明すること 


これから公募で民間事業者のアイデアを募集し、神奈川県、茅ヶ崎市、茅ヶ崎協同(株)の3者で「土地利用に関する基本方針」を策定する。

その後、業者選定して、工事開始は3年後の平成30年度から。
用途は地域を活性化する事業、ゴルフ場でも良いが賃料の減免なし。

驚いたことに、このようなことが既に決まっていました。


「にぎわい・交流、安全・防災、みどり・環境保全、健康増進の機能確保に配慮した事業。なお、ゴルフ場の継続の提案も含む。」 

 
市民に公開したのは、こんな単純な文面だけで、こんな紙ぺら一枚をよこしただけです。

こちらを参照(茅ヶ崎市HP) 
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/011/377/270119zenkyoushiryou05.pdf

 

住民の生命と環境は?

そして、現地での事業者への説明会では、市民は閉め出されました。

事業者からは「転売」「転売」という言葉が、さかんに出ていた、ということ。

茅ヶ崎市長は、「そのままゴルフ場の存続を望み応援する」と市民の前で公言していましたが、

住民には情報を伝えずに、住民の意見を聞く場も開かずに、すでに3者の話し合いで決めていたのです。 


★8万人の「広域避難場所」をこの後どうするのでしょうか?

そういった重要事項には、言及していないし、
安全性へのシュミレーションさえ、出されていません。


★また、茅ヶ崎ゴルフ場は「茅ヶ崎市のみどりの基本計画」の「みどりの保全配慮地域」、みどりと景観の保全を図る「なぎさ緑化域」に指定してされています。

開発は、みどりを保全するという実行に反することになります。  
 
 
merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp