茅ヶ崎のクラスターと広域避難場所 マップ

茅ヶ崎市のクラスター分布図

クラスターというのは、ひとたび火災が起きて消火できない場合、延焼で焼け野原になってしまうエリア(延焼運命共同体)です。

茅ヶ崎市では、特に、JR東海道線より南、海岸側の住宅密集地 10671棟と 9241棟の巨大クラスターは、県で最大規模となっています。

(地図の下側、ピンクとオレンジの所)


f:id:Merimaa88:20150222124216j:plain

だからこそ、「広域避難場所」の重要性

茅ヶ崎市は、火災による延焼拡大の危険性が高いために、火災を消火できなかった場合の避難先がたいへん重要です。 

茅ヶ崎市の配布した資料には、クラスター火災が起きている場合は、 
「避難場所」ではなく、「広域避難場所」へ避難して、 
火災の熱から逃れてください!」 と赤文字で書かれています。 


merimaa88.hatenablog.jp

茅ヶ崎市の広域避難場所

f:id:Merimaa88:20150508141742j:plain

緑色の部分が「広域避難場所」です

市の北部には、大きな「広域避難場所」が3つあります。(濃いみどり色)
県立里山公園と、2つのゴルフ場です。(スリーハンドレッド、湘南カントリー)
住宅の密集も少なく、広域避難場所にも恵まれています。
*近年、みずき地区には規模の大きなクラスター火災地域ができています。


市の南側の県下最大のクラスター火災地域には、北部に較べて、はるかに小さな広域避難場所が、3つあるだけです。
西浜高校、茅ヶ崎公演、茅ヶ崎ゴルフ場です。

この3つで、住民を収容しきれるのでしょうか? 

右側の茅ヶ崎ゴルフ場(7番)は、市民約6万人を収容します。


それなのに!

この「茅ヶ崎ゴルフ場」=広域避難場所が
失われようとしています!

広域避難場所をいったん失うと、二度と戻ってこない!

地図で見ると一目瞭然ですが、茅ヶ崎ゴルフ場の広域避場所がなくなると、ほんとうに逃げ場がなくなります。

そのうえ、ゴルフ場内には、海岸沿いの美しい景観を作っている、松林やみどりが保全されています。 

ゴルフ場周辺の松林は、住宅街にとって貴重な防砂林、防風林、134号線の騒音からの防音林でもあります。

また、さまざまな生き物や生態系も、ゴルフ場の緑が維持しています。  
ヒートアイランドからも街を守っています。


ひとたび、火災が延焼したら、JRの南側は焼け野原になります。
そのとき、避難する広域のスペースも、住民は失うことになります。

ここは、ほんとうに最後に残された広域スペースです。
このスペースと自然が失われたら、二度と取り返しもつかないし、取り戻すこともできません。
 

市長の命の軽視

「この広域避難場所を失ったら、どこへ逃げればよいのか?」と、市民が市長に質問したところ、
「藤沢に広域避難場所がある」という答が返ってきました。

県で最大クラスター延焼火災地域の、「茅ヶ崎ゴルフ場=広域避難場所」を開発しようとする「命の軽視」には驚きますが、この返答にも、驚きました。

特に、茅ヶ崎市のJR線路より南側は、 
風速10mでは、6時間で焼け野原になるシミュレーションが出ているのです。

火がまわらないうちに逃げ込む場所が必要!

小さな子供を持つお母さん、高齢者の方、体に障害のある方など、災害時に逃げ込める広域のスペースは絶対に必要です。

また、ペットと一緒に火災延焼から避難する場所として、広大な芝生のスペースは、これ以上ない貴重な場所。


意外に思うでしょうけれど、広域避難場所の維持と確保のためには、
「ゴルフ場としての存続」がいちばん税金がかかりません。 

そう言うと、単にゴルフ場を残したいように聞こえますが、広い公園の維持管理にはかなり高額な税金がかかります。
「市営公園、県営公園は作らない」と、すでに市長は言っています。


ゴルフ場であることが、「広域避難場所」としてのスペースも確保できて、ゴルフ場内の松林や、緑の自然、たくさんの生き物も残すことができます。

「ゴルフ場として残すのがベスト」 

これは、多くの周辺住民が、考えに考えて出した結果です。

不動産事業者などに細切れに開発されて、転売されたら、おしまいだからです。
ここが開発されたら、余りにも失うものが計りしれません。 


まず、市民の声、みなさんの意見を届けてください! 

広域のスペースと、自然を保護する声を届けてください!


*市長に意見をどんどん届けよう!

merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp