「茅ヶ崎ゴルフ場」のみどりは、クラスター火災の「広域避難場所」 

湘南はかつてないスピードで変わりました

ブログやTV、雑誌で紹介される湘南海岸。

それって、本当に湘南や茅ヶ崎のイメージ? 

ここ数年、乱開発が繰り返されて、急速に松林や緑が失われています。 
茅ヶ崎の景観も自然も変わっていくスピードは、さらに加速されています。
ほんとうに、かつて経験のない異様なスピードです。 

TVカメラの視点が、海の方だけ向いていれば、いつもの湘南のイメージかもしれません。
ですが、後ろを振り向いたとき、ブルドーザーが根こそぎに松林などを切り倒し、コンクリートを流し込んでいるのが現状なのです。

それはもう、とどまる所を知りません。 




2015年の3月にクローズになった「茅ヶ崎ゴルフ場」

そして今、茅ヶ崎の自然、松林にとって最大の危機。
茅ヶ崎ゴルフ場=広域避難場所を存続させよう!

 

その後この広いみどりの空間がどうなるのだろう?

市民6万人の「広域避難場所」としてそのまま残せるのか?

それとも住宅地やマンション、施設などに開発されてしまうのか? 

 

f:id:Merimaa88:20150211120114j:plain

上空から見た茅ヶ崎ゴルフ倶楽部

 

街の中にゴルフ場はいらないのでは?
と思う方もいるでしょう。

上の写真でも分かるように、海岸に面したこの場所では、ゴルフ場の松林が、防風林、防砂林、134号の騒音からの防音林の役目をしています。

もともと、ゴルフ場の場所は雑草も生えないような砂丘でした。
防砂のために、松の苗をわざわざ苦労して植えたのです。
海岸線で、みどりなしで生活をするのは、不可能です。


ゴルフ場の6割は県有地です。

乱開発で松林がほとんど姿を消して行く現在、57年のあいだ「茅ヶ崎ゴルフ場」があったことで、奇跡的に敷地内の松林が守られて残ってきました。 

もうこの場所以外に、海岸側に広域の緑の場所はないと言っていいぐらいです。


写真のように、134号の海岸線にそって松林が続いてます。
おそらく1kmぐらい続く、箱根駅伝でおなじみの美しい松林です。
ゴルフ場周辺のみどりが伐採されて、マンションや住宅、ホテル、商業施設などが建ち並ぶこともありえるのです。

 茅ヶ崎は県で最大のクラスター火災地域

茅ヶ崎市の海岸側は、地震などの火災延焼によって20000軒以上の家屋が焼失するとされる、「県で最大のクラスター火災エリア」なのは、ご存知でしょうか?

え? まさか、と思う人も多いのではないでしょうか。

2011年に県から警告を受けていたのに、市民には市からの情報が届けられていなかったのです。


この広域の「茅ヶ崎ゴルフ場」を失ったなら、

*8万人の「広域避難場所」を失う 
*松林が広範囲に伐採されてみどりの空間を失う

茅ヶ崎海岸の景観と環境が激変してしまうほどの変化も起きます。

もう湘南でも、茅ヶ崎でもありません。


f:id:Merimaa88:20150206152159j:plain

ゴルフ場を歩くカモの親子

生態系の多大なダメージ

生態系もかなりの損失を覚悟しなければならず、この広域のみどりと松林を失えば多くの他の生き物、自然環境が計り知れないダメージを受けます。
今までも、松林が切り倒されるたびに、鳥が啼きながら四方へ散っていきます。 

このゴルフ場の存在があって、海岸周辺の自然バランスが今までかろうじて保たれて来たのです。

ヒートアイランドを防ぎ、周辺の温度を確実に下げているという専門家の分析もあります。


地域住民であるかないかを問わず、ゴルフ場の存続に関心を持って頂けたら、と切に願います。 


茅ヶ崎のクラスター火災 神奈川県が発表した被害想定

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/311/3kasai.pdf#search='神奈川+クラスター火災'


merimaa88.hatenablog.jp

*2万4千人の署名が集まりました!! 

茅ヶ崎ゴルフ場の開発によって
*市民6万人収容の広域避難場所を失う
*海岸線の広大な松林と、自然、生態系を失う
ことになります。

茅ヶ崎市は、県内一のクラスター火災エリアです!

このまま、商業施設への開発にならないよう、ゴルフ場の広域避難場所と緑と松林の空間を守りたい想いの方の署名は2万4千人集まりました!

黒岩県知事に署名を提出しました

「茅ヶ崎ゴルフ場を存続させてほしい」署名は、2万を超えました。
市民人口の10分の1にあたる数です。
周辺住民だけでなく、多くの方の関心の高さをあらわしている数字です。

しかし、黒岩県知事も、服部市長も、この署名に真剣に向き合おうとする姿勢は見られません。


*広域避難場所を残す 
*茅ヶ崎海岸の自然と松林を保護するために 
*美しい景観の茅ヶ崎を残すために