湘南に住もうと思うなら、松林と住む話

『湘南』には、 実は「松林」こそなくてはならないもの、なんです。

湘南・茅ヶ崎でクラスター火災は起きます!

条件が揃ってしまった、茅ヶ崎のクラスター火災

阪神淡路大震災の時に、TV局が撮影した「編集されていない」映像があります。

以前に放送されましたが、編集されていないフィルムからは地震発生後の直後の火災延焼が、生々しく伝わって来ます。 

湘南で、茅ヶ崎でも、大地震時にこのような大規模な火災延焼「クラスター火災」は危惧されています。他人ごとには、とても思えない映像です。

なぜなら、茅ヶ崎市には、火災が延焼する条件が揃ってしまっているからです。




クラスターとは?

「クラスター」は、本来ぶどうの房、群れ、集団の意味。木造住宅が密集して連続している状態です。

火災を消火できなかった場合、隣から隣の家屋へと延焼は拡大します。このように、延焼拡大し運命を共にする建築群のことを「クラスター」といいます。
クラスター内の建物から1件でも出火し、そのまま放置した場合(消火できない場合)にクラスター内の建物全てが焼失する単位のことを「クラスター」と言います。


f:id:Merimaa88:20161226131603j:plain

茅ヶ崎は、県内最大規模のクラスター

茅ヶ崎では、JR東海道線の南側(海岸側)に、10671棟と 9241棟の二つの巨大クラスターがあり、県内最大規模となっています。

2位の横浜市南区・西区のクラスターが5940棟、藤沢市には3000棟以上のクラスターはないので、いかに規模が大きいかが分かります。


*空襲による焼失を逃れたこともあり、昔ながらに道が狭く入り組んでいて、木造住宅も密集している。
特に海岸側は、上記のような巨大なクラスター火災地域。

平常時は、119番により消防隊が駆けつけ消火活動が開始できますが、 震災時は119がつながらず、道路も渋滞などで消防車の到着は困難。


*海岸近くなので、強い風が吹く日も多く、火の勢い(延焼速度)はさらに速くなり、予想がつかない。また、強風にあおられて飛び火の延焼もおきる。 


*延焼をくいとめるのに有効な、小さな公園や緑のスペースが非常に少ない街づくりをしている。


*ベッドタウンなので、夜間人口が多い。昼間は出勤している人が多く、バケツリレーの消火や、倒壊した家屋からの救助、高齢者の移動など、災害時の人手が足りない。 


*急激な人口増加、クラスター増加に対して、延焼火災が発生した場合の逃げ場所となる「広域避難場所」が少ない。
市長が緑や公園を残す、広域避難場所の安全面積(1人当り2平方メートル)を確保するなどの「市民の命の安全」を優先する対策が、後手になっている。 


*茅ヶ崎は犬やネコのペット数もたいへん多く(ペット率は県で2位)、先の震災でもペットの避難は大きな問題。
茅ヶ崎の場合は避難所がペットで溢れ、ゲージなどもない。ペット不可の避難所もある。 

むかしの茅ヶ崎のイメージとは違う

湘南、茅ヶ崎といったイメージばかりが先行してしまい、茅ヶ崎では延焼火災のリスクが起こることなど想定外になっているのでしょうか? 

阪神淡路大震災も「関西で直下型はおこらない」と思い込まれていたのです。

確かに、50年ほど前の湘南は、まだのどかな雰囲気もあり、海岸側でも空き地や畑も多かったのですが、今はもうまったく「違う次元」の住宅地密集地になってしまっています。 

急激な人口増加によって、住宅密集地が増えに増えて、

平成21年 (2009)年3月に、神奈川県が発表した地震被害想定では、南関東地震が冬の18時に発生した場合、「茅ヶ崎市では出火件数37件、焼失棟数 21780棟となり、市域全体の 33%の建物が焼失、死傷者のほとんどが火災に起因することが予想され、他市町と比較し、火災による被害が特筆して高いという結果が示されています。

また、南関東地震に限らず、神奈川県の被害想定の8パターンすべての地震において、茅ヶ崎市は大火災の被害が予想されています。


しかし、市長の対策は、なぜか積極的な住宅密集の規制も遅れ、市民へ情報を知らせることも遅れ、みどりや公園を残す対策も後手にまわっています。


★茅ヶ崎クラスター火災
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/311/3kasai.pdf#search=%27クラスター火災%27


人命無視の広域避難場所の開発

市長自らが、茅ヶ崎が県で最大のクラスター火災地域という想定に「愕然とした」と発言しています。

現在、最大のクラスター地域である市の海岸側には、火災時の輻射熱から身を守るために避難できる広大なスペースが欠乏しています。

最大クラスター地域の住民6万人の「広域避難場所」に指定されているのが「茅ヶ崎ゴルフ場」 です。

この「茅ヶ崎ゴルフ場」のスペースは6割が県有地で、海岸側では一度手放すと二度と戻ることがない、最後の広いスペースです。

それにもかかわらず、県と市と茅ヶ崎共同が開発事業者を募集し、選択した案では、住民6万人を収容するゴルフ場内の「広域避難場所」のスペースが半分になっていました。

そして、半分に減らしたスペースの代替えとして提案された「広域避難場所」は、驚くことに134号線の砂防林でした。人が入り込めないようなヤブに逃げ込めばいいと、茅ヶ崎市民は県と事業者から提案されたのです。 

火災時には多くの市民が逃げ惑って犠牲になる、という想定も出ています。

このような提案を「問題がない」として認めた市長、副市長はいったいどうなっているのか、その説明責任も果たせていません。 


f:id:Merimaa88:20150303103524j:plain


merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp