「ゴルフ場を残して! 避難場所がなくなるから」 小学生からの手紙

小学3年生から議員への手紙

これは、小学3年生が

「私は選挙権がないので、お手紙を書いてきました。
がんばってください」と、
ある茅ヶ崎市議会議員へ手渡した手紙です。


f:id:Merimaa88:20151018181753j:plain

**さんへ 

私は**に住んでいる、小3の**です。 

**さんにお願いがあります。 
それは、ゴルフ場をなくさないように 
がんばってください。 

理由は、 

1.緑がなくなること。自然がなくなってしまうこと 

2.地しんがおきて、つ波が来たときにゴルフ場の木がなかったら心配だから 

3.火災が起きたときににげる場所がなくなる。 

4.茅ヶ崎の海がわにはたくさんの集まれる、ひなん場所が少ないから。 
 
何年たっても安心してくらせる茅ヶ崎をがんばってつくってください。 

私は茅ヶ崎が大好きなのでおうえんしています。 


茅ヶ崎は県で最大のクラスター火災延焼地域

「茅ヶ崎の海岸側が県下で最大のクラスター火災地域」 

平成21年 (2009)年3月
神奈川県が発表した地震被害想定 

「南関東地震が冬の18時に発生した場合、茅ヶ崎市では出火件数37件、焼失棟数 21780棟となり、市域全体の 33%の建物が焼失、死傷者のほとんどが火災に起因することが予想され、他市町と比較し、火災による被害が特筆して高い。」

このように、県から大規模な火災延焼が想定される地域として、茅ヶ崎市は警告されているにもかかわらず、住民に周知されていなかったのは、市の「情報共有」の姿勢に問題があったからと言えます。 

茅ヶ崎では、JR東海道線の南側(海岸側)に、10671棟と 9241棟の二つの巨大クラスターがあり、県内最大規模となっていることを知っている住民は、とても少なかったのです。


東日本大震災で、茅ヶ崎でも津波のハザードマップの見直しがありましたが、それに加えて茅ヶ崎には広域の火災延焼があります。

狭い路地や行き止まりが入り組み、住宅がびっしりと密集した茅ヶ崎市。 
ひとたび火災延焼が起きれば、強風が吹けば、被害は甚大なものとなります。 

特に、市の南部(海岸側)は、端から端まで焼け野原になってしまうような想定です。 

命を守る「広域避難場所」が少ない!

延焼火災では、小中学校の校庭=避難所では、火災の熱から身を守れません。

もっと広いスペースの「広域避難場所」が必要になります。 

その「広域避難場所」も、延焼を防ぐ公園やみどりのスペースも、たいへんに少ないのが茅ヶ崎市です。

 
市民8万人の広域避難場所である「茅ヶ崎ゴルフ場」は、6割が県有地、4割が農協の払い下げ地です。

なぜ、広域避難場所を、なぜ県・市・茅ヶ崎共同は開発するのでしょうか?

ここは海岸側に最後に残された、広いスペースなのです。
 

このスペースを失ったら・・・
迫る火災から、子どもたち、高齢者、どこに逃げ込めばよいのでしょう。


茅ヶ崎ゴルフ場は、密集地に奇跡的に残った
延焼火災の「広域避難場所」 


f:id:Merimaa88:20150308205756j:plain

ペット避難も切実な問題

茅ヶ崎市はペットを飼っている世帯も多く、犬の登録数だけで1万5千頭。
猫や未登録犬もいれると3万頭になるでしょう。

★震災時のペット避難は、先の震災でも切実な問題でした。

ペットを見捨てて避難できないし、
避難所にはとても収容しきれない・・・

ペットの収容は禁止となる避難所もあります。


その点、茅ヶ崎ゴルフ場の広大な芝生は、
火災延焼時に、炎と煙からのがれて駆け込める「広域避難場所」でもあり、
相当な数のペットも収容できると思います。 

 
何よりも、もともと天然の芝生なので、、避難用テントも張れるし、ペットの糞などの世話もやりやすく、人にもペットにもストレスのない場所です。


海岸側の住宅密集地に接して、このようなレスキュー場所が残っているのは、奇跡的と思いませんか? 


merimaa88.hatenablog.jp