湘南に住もうと思うなら、松林と住む話

『湘南』には、 実は「松林」こそなくてはならないもの、なんです。

ゴルフ場を残して!「避難場所」がなくなるから 小学生から茅ヶ崎議員への手紙

小学3年生から議員への手紙

これは、小学3年生が

「**さんですか? 私は選挙権がないので、
お手紙を書いてきました。がんばってください」と、
ある茅ヶ崎市議会議員へ手渡した手紙です。


f:id:Merimaa88:20151018181753j:plain

**さんへ 

私は**に住んでいる、小3の**です。 
**さんにお願いがあります。 
それは、ゴルフ場をなくさないように 
がんばってください。 

理由は、 
1.緑がなくなること。自然がなくなってしまうこと 
2.地しんがおきて、つ波が来たときにゴルフ場の木がなかったら心配だから 
3.火災が起きたときににげる場所がなくなる。 
4.茅ヶ崎の海がわにはたくさんの集まれる、ひなん場所が少ないから。 
 
何年たっても安心してくらせる茅ヶ崎を 
がんばってつくってください。 
私は茅ヶ崎が大好きなのでおうえんしています。 


子供の目から見た、シンプルな手紙に
茅ヶ崎の海岸側の「広域避難場所の実情」がすべてつまっています。 




茅ヶ崎は県で最大のクラスター火災延焼地域

「茅ヶ崎の海岸側が県下で最大のクラスター火災地域」
その延焼火災による規模が、「ダントツに大きな20,000軒以上のもの」
であることを知っている住民が、あまりに少ないのに驚きました。

2011年に県から大規模な火災延焼地域として、茅ヶ崎市は警告されているにもかかわらず、住民が知らないのは市の「情報公開」に問題があったからです。


東日本大震災で、茅ヶ崎でも津波のハザードマップの見直しがありました。
しかし、それに加えて茅ヶ崎には広域の火災延焼=クラスター火災があります。

東北と違い、狭い土地に住宅が異常に密集した茅ヶ崎。
ひとたび火災延焼が起きれば、被害は甚大です

市の南部=海岸側は端から端まで焼け野原、になる想定です。


命を守る「広域避難場所」がとても少ない!

延焼火災では、小中学校の校庭=避難所では、火災の熱から身を守れません。

もっと広い「広域避難場所」が必要になります。

その避難する「広域避難場所」も、
延焼を防ぐみどりも極度に少ないのが茅ヶ崎市、
です。

それが茅ヶ崎市の現実です。

市民8万人の広域避難場所である「茅ヶ崎ゴルフ場」は
6割が県有地、4割が農協の払い下げ地です。

なぜ、広域避難場所を、県と市と茅ヶ崎共同が開発するのでしょうか?

ここは海岸側に最後に残された、広域の避難場所です。
 

茅ヶ崎ゴルフ場は、密集地に奇跡的に残った
延焼火災の「広域避難場所」 


f:id:Merimaa88:20150308205756j:plain
このスペースを失ったら・・・
迫る火災から、子どもたち、高齢者、どこに逃げ込めばよいのでしょう。

ペット避難も切実な問題のはず

茅ヶ崎市はペットを飼っている家庭も多く、犬の登録数だけで1万5千頭。
猫や未登録犬もいれると3万頭はいるでしょう。

★震災時のペット避難は、先の震災でも切実な問題でした。

ペットを見捨てて避難できないし、
避難所にはとても収容しきれない、問題は切実です。

ペットの収容は禁止の避難所もあります。

茅ヶ崎ゴルフ場の広大な芝生は、
災害延焼時に、炎と煙からのがれて駆け込める広域避難場所でもあり、
ペット収容も相当な数できます。
 
何よりも、芝生というのは、避難用テントも張れるし、ペットの糞などの世話もやりやすく、人にもペットにもストレスのない場所です。

海岸側の住宅密集地に接して、このようなレスキュー場所があるのは、奇跡的と思いませんか?


市長は、ハコモノと開発に税金を使う話は好きですが、
(茅ヶ崎市の子育て支援レベルなどが、たいへん低い理由です)
こういった命の問題については真剣に考えていません。 
 

「広域避難場所が足りなければ、柳島まで逃げればいい」
などのセリフが、平気で市の幹部から出てくるのが茅ヶ崎。

5km離れた柳島まで、子どもや高齢者が火災の中を歩けますか?



merimaa88.hatenablog.jp