湘南に住もうと思うなら、松林と住む話

『湘南』には、 実は「松林」こそなくてはならないもの、なんです。

茅ヶ崎公園テニスコート 観客席は本当に必要なの?

住宅の南側に高さ5.5m、長さ80mの観客席!

もし、高さ5.5m の建造物が、住宅まぎわの南側に、80mに渡って作られるとしたら・・・皆さんはどう感じるでしょうか?

それも民間でなく、茅ヶ崎市の設計・計画として進められるとしたら・・・

それが、茅ヶ崎公園テニスコートの移転に伴って、市が設計し計画を進めている「観客席」の建設です。


まず、テニスコート面から1m上の位置から、3段の階段状の観客席が作られます。さらに、観客席の上段には柱が立てられ、フジ棚になります。その高さは地上5.5m。

その他にも、防球フェンスや防音板が80mに渡って、住宅の南側に張りめぐらされます。
 
周辺住宅の環境は一変し、景観の圧迫感や雨水の流れ込みなど、さまざまな問題が当然のことながら、発生してくるのです。

いったい、このテニスコートの観客席の設置は、誰の要望で、誰が決定した計画なのでしょうか?

一般のテニス利用者からは、そのような80mの観客席の要望は出ていません。
(だいいち、コート移転について、利用者と意見交換会さえ開かれていないのです。)

こうまで周辺住宅に負担をかけ、税金をムダにかけてまで、作らなければならないとする理由が市にあるのでしょうか?




 

観客席はほんとうに必要ですか?

市の説明によると「応援のための観客席」は、中体連からの要望と言います。
しかし、もともと茅ヶ崎公園はスポーツ公園でなく、普通の公園です。

柳島スポーツ公園と同規模の、300〜500人も収容する観客席を、周辺住宅に迷惑をかけずに設置できる広さはありません。 
このような観客席を持つのは、柳島スポーツ公園、南毛利、小田原などの本格的なスポーツ公園です。

もともと、スペースのない茅ヶ崎公園にあれもこれも詰め込み、コートと住宅の距離がないのに、さらに観客席を作り、その上にフジ棚の柱・・・

5.5m の高さの建造物が、住宅の南側に80m以上に渡って作られる設計になること、その結果は周辺住民への多大な負担という形ではねかえることを、提案した中体連は理解しているのでしょうか?


3段の観客席と、その上部に作られるフジ棚や防音板などで、高さが5.5m ! になる建造物が、住宅から見て南側に80mにわたって建設されること。

「これ自体がすでに非常識」という意見は、設計を聞いた市民テニスプレーヤーも口々に言います。

今や、どこの自治体のコートも民間テニスクラブも、周辺住宅への配慮なしには運営できない時代。その実情は、むしろ市民プレーヤーの方が理解しています。


今回は、市の都合によってコート4面を住宅街に近い位置に移動するという、大規模な移動です。

しかし、周囲の住環境を大幅に変える計画であるという前提に立った意識と配慮が、市役所の各担当課の職員から、まったく感じられないのです。

これほどズサンで、無神経な計画がまかり通っているのは、茅ヶ崎市ぐらいではないでしょうか?

柳島スポーツ公園は何のため?

*5.5m × 80mの壁が南側にできるのでは住環境が大きく変わってしまう

*コートを作る残土も観客席側に盛られる設計で、住宅街に雨水が流れ込む懸念

*観客席の位置が高いために、音が上部からひろがる

*防音のための観客席という意味のわからない市の説明
(それでは、なぜ西側には防音壁がないのか?) 

* 住宅街のコートでは8時からの利用は無理

*ここはスポーツ公園ではないので、観客席は不要  


こういったことが、茅ヶ崎公園での問題点です。

一方、柳島スポーツ公園を税金100億以上もかけて建設する理由のひとつに、中体連の大会の開催のためというのがあります。それが市のコンセプトです。

柳島スポーツ公園を、中体連が存分に活用すれば解決する話です。 

柳島にはきれいな更衣室も、食事を買える場所も、何もかも設備が整っていて、しかもです、落札事業者は、パーク&ライドの実施まで約束していて、採点でも最高得点を得ています。
中体連は、パーク&ライドの送迎バスを、事業者に実施してもらえばいいのです。
(できないのでは、入札の採点の意味がないですから。)

もともとスポーツ公園でない茅ヶ崎公園は、更衣室などの施設が実に貧弱です。
年に数回の大会のために、住宅街に税金をかけて観客席を無理やりに設置し、大会であふれた自転車は子どもの広場に収容する・・・金銭感覚も計画も実にズサンです。

また、テニスコート利用時間についても、市の都合で住宅側にコートを移転する以上、今までと同じ夏場の8時からの利用は無理になります。 
平塚市の桃浜コートは通年9時、藤沢八部の人工芝は通年9時30分と、近隣への配慮は当たり前になっています。 


その他にも

*フジ棚は毛虫が発生し、大きな蜂が集まる。80mもあるフジ棚の管理が大変だが、維持管理費はいくらかかるのか?(市は答えられず)

*この複合施設の設計費、建設費、コートの移転費用、建物の解体費用、維持管理費など、総額いくら税金を使う計画なのか?(市は答えられず)

*広域避難場所としての防災課のデータや見解がないのはなぜか?

実にズサンです・・・


f:id:Merimaa88:20160213225607j:plain
茅ヶ崎公園は住宅街の公園

自治基本条例の住民参加を無視している

今回のテニスコート移転については、どうも市があちこちで説明している内容がバラバラで、まったく一貫性がありません。

昨年10月24日の、全市民を対象にした「施設づくり意見交換会」の参加者は、何と4人!です。 
いったい、市は本気で市民に意見交換会の存在を知らせているんでしょうか?


平成21年度から今に至るまで、一般コート利用者との意見交換会は一度も開催されていません。
「テニス協会や中体連の意見を聞いたから、利用者の意見を聞いている」というのでは、市民は計画に参加できず、「自治基本条例の市民参加」ができないことを、担当課が理解できてないようです。
 
結局、コート面数は5面作れず、前と同じ4面ならば費用をかけて移転する必要があるのか? という意見もあります。

今の場所は、ちょうど野球場が南からの風よけになり、周囲の松も風をさえぎっています。移転すれば、吹きさらしになり、4面続きコートの強風時の使い勝手のわるさは、南部コートやしおさい広場のコートで実証済みです。

子どもの遊び場は確実に減ります

本来、子どもの遊ぶ公園なのに、戸外で遊べるスペースは広がるどころか、テニスコート跡の狭い人工芝の長方形に、子どもは押し込められる設計です。
のびのびと体を動かすにはほど遠く、いったい何のための人工芝のスペースなのでしょう?

「最小コストで最大効果のある行政サービス」を茅ヶ崎市は行わなければならない、と定められています。 

そして、茅ヶ崎市では主役はいったい誰なのですか? 

市の職員ですか? 市民ですか?

それとも、公園の管理団体ですか?


施設を利用する各団体も、あれが欲しい、これが欲しいと提案を出したい気持ちも分かりますが、当然に維持管理費は増えていきます。
さらに、周辺の住民が、これから先ずっと我慢を強いられることで施設利用が成り立つということは、あってはならないことです。 

どうやら市民ファーストを一番わかっていないのは、市の職員なのではないでしょうか?


merimaa88.hatenablog.jp