茅ヶ崎市民の底力『市民と市長の対話集会』

f:id:Merimaa88:20171210165308j:plain
絵本「あるきだした小さな木」より

誰でも参加できて、市長と対話ができる

『市民と市長の対話集会』は、文字通り一般の市民と市長が同じテーブルを囲んで、茅ヶ崎の市政の問題について、意見を交換していくという集会だ。

この対話集会を主催しているのは、「市民と市長の対話をすすめる会」という市民団体で、2003年の9月から始まって今年で15年目になるという。

2003年の市長選挙のときに「立候補者に聞く会」で、候補者全員に「あなたが市長になったら、市民との対話集会に出てくださいますか?」と問いかけたところ、全員が「はい」と答えたのがきっかけだった。

市民によって、このような誰でも参加できる集会が企画されて、市長と意見交換をする場を作っていく活動は、地方自治体としては珍しいのだろう。『月刊ガバナンス』 2017年12月号の「市民の常識 vs 役所のジョウシキ」という今井照教授の連載コラムの中でも紹介されている。

全国にも似たような市民活動はいくつかあっても、15年間も継続して(毎年2回の開催なので今回が第30回になる)、市長との定期的な懇談会を開いている市民の底力は本当にすごいと思う。

会場の確保や、市長のアポイントメイントを取ったり、どうやって運営しようかと打ち合わせをしたりと、すべて市民の手で実施されている。 

市の行っている様々なことについて、日頃から疑問に思っていることのある方!

市長に直接に質問できるチャンスですよ。まずは、気軽に出席してみてくださいね。


第30回 市民と市長の対話集会  

日時:2018年2月3日(土) 13:00〜16:30
会場:いこりあ 大会議室(男女共同参画推進センター)
第1部:子育て支援・広報メディア・公務員の資質について提案・意見交換
第2部:参加者からの自由発言

(主催:市長と市民の対話集会をすすめる会)



そして、そして、茅ヶ崎のみどりと公園の消滅も危機的な状況です。

「茅ヶ崎のみどりの少なさが目に余る」・・「でも、どこに言えばいいのか分からない」「どうやってみどりと公園を守っていけばいいの?」

そんな市民の方は、ここに集合してみよう!


f:id:Merimaa88:20180129100911p:plain

みどりの保全「昨日までそして明日から」

日時:2018年 2月9日(金)10時〜12時
場所:茅ヶ崎コミュニティーセンター 2階 第3会議室
講師:景観みどり課・公園緑地課の職員、自治基本条例市民の会


私たちの住む茅ヶ崎市の周りを見渡すと、

市街地の保存樹林は宅地になり、生け垣の助成は削られ、市民一人当たりの公園面積は県でも最下位に近く、骨格のみどりは歯抜け状態に・・・

市の海岸側では、公園も消滅し、みどりの少なさが目に余る危機的な状態にあります。

みどりを保全する市内7つのコア地域のうち、4ヶ所も公共工事で改変の予定となっています。

最近起おきたこういった事例をベースにして、今後のみどり行政のあり方を、市民の皆さんでいっしょに考えていく、『市民による、市民のための自治連続講座』です。

「市民と市長の対話集会」のように、こちらでは、市民と担当課の対話のできる講座です。

当日は、市役所の担当課職員も参加します。茅ヶ崎のみどりについて、日頃から疑問に思ってることを直接質問できますよ! 


(主催:自治基本条例市民の会)


merimaa88.hatenablog.jp