湘南に住もうと思うなら、松林と住む話

『湘南』には、 実は「松林」こそなくてはならないもの、なんです。

関東大震災の前兆地震は茨城沖だった?

M7の地震が6回?

1923年(大正12年)9月1日 11時58分、
相模湾北部を震源とする海溝型の巨大地震、関東大震災が発生しました。

岐阜測候所の地震波形データ(1993年)によると、関東大震災では11時58分に発生したM7.9の本震から3分後に東京湾北部 M7.2、5分後に山梨県東部 M7.3、という巨大な揺れが三度発生した「三つ子地震」であることが判明。

つまり、神奈川県西部、続いて東京湾北部、山梨県東部と本震が三つ連続。

また「三つ子地震」の後にも、東京湾を震源にM7.1、千葉県津浦沖でM7.6、九十九里沖で M7.1と、M7の地震が合計6回も発生したことが判明しているようです。

震災から4ヶ月後の大正13年1月にも、神奈川県西部で丹沢地震 M7.3が発生。大規模な地震があった場合は、やはり長期に余震警戒が必要になると分かります。 


f:id:Merimaa88:20160513132623j:plain


関東大震災の余震
9月1日
11:58 M7.9 相模湾北西沖 80km
12:01 M7.2 東京湾北部  
12:03 M7.3 神奈川県・山梨・静岡県境

12:17 M6.4 伊豆大島近海
12:23 M6.5 相模湾
12:40 M6.5 相模湾
12:47 M6.8 山梨県中・西部
13:31 M6.1 静岡県東部
14:22 M6.6 静岡県伊豆地方
15:19 M6.3 茨城県沖
16:37 M6.6 静岡県東部

9月2日
11:46 M7.3 千葉県南東沖
18:26 M6.9 千葉県東方沖
22:09 M6.5 静岡県伊豆地方

(ウィキペディアから)




関東大震災の前兆は・・・

関東大震災で全壊した家屋の約6割、6万4千棟近くを激震地の神奈川が占めていますが、前兆となる地震はあったのでしょうか? 

藤沢の鵠沼で暮らしていた画家の岸田劉生は、日記をつけていて、その中にたびたび地震のことが書かれています。(『岸田劉生全集』第8巻 日記)


1923年の1月14日、藤沢から東京・銀座にでかけた岸田劉生は、「ひどい地震があつて一寸驚く。」
震災の、およそ8ヶ月前で「ひどい地震」と書かれているところをみると、かなりの揺れだったのでしょう。

6月になると「今朝方か又地震あり、よく地震がある。無事を祈る。八時半おきる。」と記録があります。
この時期になると、「また地震だ」と、漠然とした不安を感じ危惧するほど、揺れが連続していたようです。

茨城県沖での地震に注目

東京大学名誉教授の溝上恵(みぞうえめぐみ)氏は、茨城県沖地震と周辺地域の地震が連動することに注目。

「茨城県沖での大型地震は、首都圏直下大地震の引き金となる可能性がある」という仮設をたてています。

地震学の権威が警告していた、首都圏直下大地震の戦慄 〈週刊朝日〉|dot.ドット 朝日新聞出版


実際に、
*関東大震災が迫った1923年5月から6月にかけて、M7.3を最大規模として、M6以上の地震が茨城県沖で6回も観測されている。

*同様に、1921年から3年連続で茨城県南西部でも大きな地震(M7.0、M6.1、M6.1)が起きた。

「1、2カ月の間にM6を超える地震が6回も立て続けに起こることは、きわめて稀(まれ)といわねばならない」と溝上氏は指摘しています。

ちょうど、5月から6月にかけての茨城沖の群発地震などは、岸田劉生の日記と一致しています。
 
f:id:Merimaa88:20160510014903j:plain
関東大震災で倒壊した劉生自宅の屋根の上で 1923年9月

広域避難場所「茅ヶ崎ゴルフ場」の開発について

「茅ヶ崎ゴルフ場」は6割が県有地で、周辺住民6万人の広域避難場所に指定されています。

震災時に、県で最大の、巨大な延焼火災が想定されている茅ヶ崎市の南部(海岸側)で、延焼火災から命を守るには、このゴルフ場の広域避難場所の広さでもぎりぎりといいます。

6万人の広域避難場所として12万㎡の確保が必須となり、茅ヶ崎ゴルフ場の場合、県有地の面積がそれに該当しています。

つまり、県有地の面積は広域避難場所として確保せねばならないのに、開発事業者は「それでは採算が取れない」と主張。県は広域避難場所を半分の6万㎡に減らす、人命より利益の事業を選択しました。 


実は、茅ヶ崎ゴルフ場の開発計画がはじまってから、震度7を2回も観測するM6.5、M7.3の熊本大地震が発生し(そのさなかに開発案を募集)、そのあと茨城南部・北部の連続地震、鳥取県中部でM6.6(震度6弱)、福島沖のM7.4、糸魚川市の延焼火災・・・

災害の発生とその被害が連続していくこと、その被害を目の前に見ながら県が開発計画が進めていくことに、住民は得体の知れない不安と、気味の悪さを感じています。 


熊本地震のあとでは、テントを投下すれば避難生活所にもなる広域のスペースの必要性を求める住民の声は、日増しに大きくなり、ペット避難にも使えるなど(しかも、すでにゴルフ場は天然芝)、それは県有地だからこそ可能。

「なぜ、市民(県民)ファーストでなく、行政ファーストになっているのか?」というのが住民の声です。


★「みどりが命を救った」先人の声にも耳を傾けてほしい


f:id:Merimaa88:20160517005841j:plain


merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp