茅ヶ崎・ホノルル姉妹都市 「1周年レセプション」 

茅ヶ崎市は税金100万で再びホノルル訪問

昨年の10月24日に、ホノルル姉妹都市提携を行った茅ヶ崎市。

10月18日(日)「1周年記念レセプション」が市役所分庁舎のコミュニティホールで開かれた。

ホノルル市長・副市長は欠席、ホノルルから来日したのはレイ・スーン首席補佐官。

しかし、このレセプションの後、ホノルル市長から1周年記念の招待があったとして、茅ヶ崎からは10月20日〜23日まで、市長、職員、議長の3名がホノルルを訪問した。

例によって、旅費・宿泊費は市長と職員で80万円、議長を含めれば100万円を超えた税金でのホノルル訪問。


www.city.chigasaki.kanagawa.jp

税金でのパーティーに市職員と議員?

市役所で開かれた「一周年レセプション」は、市民のためのものではない。

市と「姉妹都市交流委員会」が参加者をピックアップして、往復はがきで招待状を送るという形で開かれている。

主催者は2名の連名になっている。

*茅ヶ崎市長 服部信明
*ホノルル市・郡姉妹都市交流委員会委員長 亀井信幸

亀井氏は「商工会議所」の副会頭で、市の公共施設を多数落札する亀井工業ホールディングスの代表取締役。市庁舎、柳島スポーツ公園も落札している。ホノルル姉妹都市提携の要請者でもある。

そして、会費は3000円 


往復はがきの送り先、つまりパーティーの参加者の大半は、市の職員と議員、関係者だ。 

しかし、このレセプションには会費とは別に、約108万の税金が予算として支払われている。 
市の職員や議員が、なぜ税金でのパーティーに参加するのだろう?
 


今年の4月に「姉妹都市交流委員会」(委員長‥亀井信幸氏)に交流事業費として税金291万が支払われ、約108万が1周年レセプション予算分として計上されている。

また、レセプション出席者200名の会費、3000円 × 200名分60万円を税金と混ぜてしまっているのでは、使い道が不明瞭だ。


f:id:Merimaa88:20151105092438j:plain

大半はいつもの顔ぶれ

招待状は約400名に送られている。(はがき代4万円は税金)

その送り先は

*市議会議員・県議会議員・衆議院議員 32名
*市長、副市長、市役所職員 40名以上

*商工会議所の関係者 約80名
*茅ヶ崎商工会議所の経済交流委員会 16名
*アロハ委員会、アロハマーケット(商工会議所内)

*観光協会
*茅ヶ崎サーフィン協会、日本サーフィン連携茅ヶ崎支部
*一部のサーフショップ
*文教大学 
*文化・スポーツ振興財団、文化団体協議会、体育協会

商店会連合会、青年会議所
NPO湘南スタイル、NPOサポートちがさき 
自治会連合会の会長・副会長
ジェイコム  など


結局、レセプションの出席者200名のうち、議員と市の職員で60名を占めた。
顔ぶれの多くは「姉妹都市交流委員会」の関係者だ。

「姉妹都市交流委員会」の構成メンバーは、以下の通り。
(委員長は、商工会議所の亀井信幸氏)

*商工会議所
*アロハ委員会
*アロハマーケット実行委員長
*観光協会
*茅ヶ崎サーフィン協会(日本サーフィン連盟茅ヶ崎支部)

*国際交流協会
*文教大学教授
*文教大学院 
*元ハワイ観光局職員
*ハワイ州との経済交流委員会(商工会議所)
*文化・スポーツ振興財団
*文化団体協議会
*体育協会
*商店会連合会
*青年会議所 




「姉妹都市交流委員会」は、どういう団体?

それは市民には、ほとんど分からない。
市から業務委託の形で補助金を受け取っているのに、市のHPにも団体に関する情報などまったく載っていない任意団体だ。
「ホノルルとの民間交流」を委託しているのに、市民は実態も分からないし、何をしているのかも分からない。


「姉妹都市交流委員会」には、今年の4月に業務委託費291万がすでに支払われている。 

さらに、構成メンバーの「商工会議所」「観光協会」「アロハ委員会」
「茅ヶ崎サーフィン協会」には、交流事業補助金も市から支払われている。

姉妹都市交流は、事業者への「業務委託」

ホノルル姉妹都市交流が、「業務委託」へとすり替わっているのが理解に苦しむ。
 
今回、レイ・スーン首席補佐官が視察した介護施設「茅ヶ崎メディカルケアセンター」は、亀井工業ホールディングスが運営している施設。

「姉妹都市交流特命大使」の平田梨花氏は、亀井文夫氏の紹介で市長が任命。
茅ヶ崎での1周年記念レセプションと、その後に市長・職員・議員がホノルルを訪問した時も、現地で通訳をつとめている。
毎回の往復の飛行機代なども、平田氏が自腹でのボランティアという。
 
今回、文教大学(姉妹都市交流委員会のメンバー)をレイ・スーン氏、特命大使の平田梨花氏、山崎副市長ら5名が来校し、学生たちと懇談会を行っている。

文教大学は、市の審議会・有識者会議の委員に数多く市から任命されている。ひとつの会議に大学から2名が委員に入っているケースもあり、「本来なら2名は必要なく、公募の市民が選ばれて委員に入るべき」という意見も市民から出ている。 


ホノルル姉妹都市についても、なぜ茅ヶ崎市長・副市長・職員だけが税金で54回もホノルルに行き、ホノルルからは一人の職員も来ないのか?という疑問について、今だに市長は説明していない。
 

merimaa88.hatenablog.jp