湘南に住もうと思うなら、松林と住む話

『湘南』には、 実は「松林」こそなくてはならないもの、なんです。

「震災時、茅ヶ崎では『火災』が怖いって知っていますか?」配られた保存版 

茅ヶ崎のクラスター火災は県内最大規模

茅ヶ崎市から最近、このような情報誌
「震災時、茅ヶ崎では『火災』が怖いって知っていますか?」 
という保存板の冊子が、市民に配布されました。

「茅ヶ崎のクラスター火災は県で最大規模」と、
市民に明確に伝える冊子が配られました。
(非公式ながら消防では日本一とも言われています。)


f:id:Merimaa88:20150508135456j:plain

★市のHPからも冊子の内容が見れます。
www.city.chigasaki.kanagawa.jp

すでに平成21年に県の想定

実は、平成21年の県の想定で(6年も前に)、すでに茅ヶ崎市は「県で最大のクラスター火災延焼地域で、甚大な被害が想定される」と警告されています。


★平成21年3月に神奈川県が発表した地震被害想定では、南関東地震が冬の18時に発生した場合、茅 ヶ崎市では出火件数37件、焼失棟数 21780棟となり、市域全体の33%の建物が焼失、死傷者のほとんどが火災に起因することが予想されており、他市町と比較し、火災による被害が特筆して高いという結果が示されています。
また、南関東地震に限らず、神奈川県の被害想定のモデルとなる8つのパターンの地震全てにおいて、茅ヶ 崎市は大火災になり、甚大な被害を被ることが予想されています。


服部市長自ら、この想定に「愕然とした」そうですが、なぜか県の想定を市民に広く、正確に知らせることが出来ず、現在に至りました。


★特に、JR東海道線以南の10671棟と 9241棟の二つの巨大クラスターは、県内最大規模となっています。

しかし、市のHPには「比較的大きなクラスターがあります」という、危機感のない説明がずっとのっているだけでした。

黒岩県知事にいたっては、「この想定を知らなかった」と言います。

市議会では、平成22年の議会で松島議員が「県の想定を市民に正確に知らせて、少しでも被害を軽減出来るように、早急に対策をとるべき」と市長に言っています。
これは、東日本大震災の3ヶ月前のことでした。


★茅ヶ崎クラスター火災
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/311/3kasai.pdf#search=%27クラスター火災%27


茅ヶ崎市では、服部市長のクラスター火災対策は後手にまわり、

*延焼の原因となる「住宅密集地」を作らないよう規制する
*炎を止める小さな公園やみどりを増やす

などの対策が積極的に取られないまま、茅ヶ崎では家屋の密集がさらに増え続けています。 

12年間の市長の在職中に、巨大なクラスター火災地域が、本格的に茅ヶ崎に出来あがってしまった感があります。




命を守る「広域避難場所」の重要性

茅ヶ崎市では震源によって、海域震源なら「津波」、直下型なら「延焼大火災」があり、なおかつ2つが同時に起きる可能性も、あります。 

大火災が起きるのは、阪神淡路震災や熊本地震のような直下型。関東大震災のように、津波と火災という場合もあります。
(関東大震災は、相模湾北西沖M7.9の本震の数分後に、東京湾北部でM7.2、山梨県東部M7.3と、ほぼ同時に本震が3つ。)

大地震の場合、余震の規模も大きく、被害はさらに拡大していきます。


「想定外だから震災」という消防のことばがあります。


★クラスター火災地域で暮らす茅ヶ崎市民にとっては、延焼火災から命を守る「広域避難場所」の存在は、重要で必要不可欠です。 

また、熊本地震のケースから、テントを投下したり、ペットも持ち込める広域避難場所など、とにかく広いスペースを残す必要性、有効性を感じる、という意見も多くなっています。

「避難所」と「広域避難場所」の違い

冊子で、「避難所(小中学校)」と「広域避難場所」の違いを、ぜひチェックしてみてください。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/010/372/jishinkasaip6_7.pdf


★「広域避難場所」・・・大規模火災の熱から避難する場所(茅ヶ崎ゴルフ場、茅ヶ崎公園など)

★「避難所」・・・災害の危険性がなくなった後に避難生活を送る場所(小・中学校など)
 

時と場合によって、大規模火災の熱風に耐えられる限界の距離は107mにもなり、避難所(小中学校)のグラウンドの広さでは、火災の熱風に襲われて命の危険にさらされる場合があるのです。


市のHP 茅ヶ崎市の広域避難場所
広域避難場所|茅ヶ崎市


f:id:Merimaa88:20150508141742j:plain


濃い緑色が広域避難場所です 


《北部》
新しく出来たみずき地区を含めた香川、松風台の周辺は約5000棟の大規模なクラスターになりました。今後もクラスターは、増加していくと思われます。

市の北部(地図の上部)には、茅ヶ崎市で最も広大な広域避難場所が3カ所あります。県立里山公園と2つのゴルフ場です。
皮肉なことですが、その周辺にはクラスターは少ない状態で、住宅の密集する南へ行くほど、広域避難場所スペースがが少なく、狭くなります。


f:id:Merimaa88:20161226214818j:plain


《中央部》
小和田、菱沼、松林など4547棟の大きなクラスターの場所に、広域避難場所が少ない状態。
中央公園などある半面、工場も隣接。最近起きたチタン火災では、熱を持ったチタンに水をかけると爆発するため、水で消火ができなかった。


f:id:Merimaa88:20161226220032j:plain


《海岸側》

巨大なクラスターが隣りあう、大延焼火災地域! 

★特に、JR東海道線以南の10671棟(オレンジ)と 9241棟(ピンク)の二つの巨大クラスターは、県内最大規模となっています。

海岸側の端から端まで、巨大なひとかたまりの延焼地帯です。


f:id:Merimaa88:20161226221502j:plain


オレンジの 10671棟は、市内でも最大のクラスター規模。
その左隣のピンクの 9241棟、ここも最大といっていい規模。 
うすみどりの 2590棟を合わせれば、合計22500棟!


f:id:Merimaa88:20161226223232j:plain

この巨大な延焼地帯をカバーする「広域避難場所」は、
*茅ヶ崎ゴルフ場(右)
*茅ヶ崎公園(中央)
*西浜高校(左)

オレンジの 10671棟は、市内でも最大のクラスター火災地域なのに、このエリア内に「広域避難場所」が存在していないことになります。


幸町、若松町、ひばりが丘、松が丘(1・2丁目)、東海岸北(2・3・4・5丁目)、旭が丘、美住町、平和町、松浪(1・2丁目)、富士見町、東海岸南(2・4・5・6丁目)、菱沼海岸、白浜町、浜須賀、浜竹(1・2・3・4丁目)、汐見台、常盤町、緑が浜

上記のエリアの住民の「広域避難場所」となっているのが

右側の濃い緑色=広域避難場所
「茅ヶ崎ゴルフ場」 


この茅ヶ崎ゴルフ場=広域避難場所を指で隠してみてください。

このスペースが開発で失われたら・・・いったいどこに住民は逃げたらよいのでしょう?

延焼火災からの広域スペースの逃げ場を失った住民は、リスクの高い場所でこの先ずっと暮らしていくことになります。

風速10mでは6時間で、ほぼ全域に火災がひろがるシュミレーションがあります。
どちらにも逃げられずに「逃げまどいによる犠牲者」が増えるという、専門家の想定もあります。


住民6万人を収容する広域避難場所「茅ヶ崎ゴルフ場」が、開発に向かっています。6割が県有地なのですが、県と茅ヶ崎協同は、事業者を募集しました。




藤沢市の広域避難場所をアテにするのですか?

「茅ヶ崎ゴルフ場が開発されたら、代わりに住民はどこへ避難すればよいのですか?」と、市長に質問したところ

「藤沢に広域避難場所があります」という答が返ってきました。

この市長からの回答には、周辺住民は驚きをとおりこして、アゼン・・・ 
 
藤沢市に問い合わせしたところ、藤沢の「広域避難場所」は誰でも逃げ込むことができますが、特に茅ヶ崎市との協定は結んでいない、危機が去れば茅ヶ崎市にお帰り願います、ということでした。


開発案を提案する事業者が、どれだけ「命の責任の取れる開発案」を出せるのかは、非常に疑問です。

そして、何よりも、周辺住民の意見が尊重されること、市民ファーストが最も重要! 

「周辺住民へのアンケート」では、

*「静かな環境で暮らしたい」
*「みどりを残してほしい」
*「ゴルフ場を残して欲しい」
*「商業施設、住宅開発はいらない」
*「とにかく開発はいらない」


という意見が、圧倒的多数です。 
 

merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp