風速10m「360分で火の海」 住民の開いたシンポジウム  

「広域避難場所と緑の保全を考えるシンポジウム」 

9月19日(土)、各分野の専門の方や、リオ・オリンピックのゴルフ場コース監修者も参加、国際色も豊かなシンポジウムとなりました。(ゴルフは、2016年のリオ・オリンピックより五輪種目に復帰です。)

市民がみずから企画して、みずから提案した画期的なシンポジウムです! 

茅ヶ崎の火災延焼シミュレーション

この集まりのために、愛媛大学・防災情報研究センターの防災シミュレーションの専門家、二神透先生が駆けつけて下さいました。

「茅ヶ崎の地震火災延焼 シミュレーション」は、非常な驚きとインパクトのあるものでした。


f:id:Merimaa88:20150921084749j:plain

上のシミュレーションは、大地震などで、ゴルフ場周辺の数ヶ所から火災が発生した場合です。

風速10mの場合には、わずか6時間で、ゴルフ場周辺の地域は、ほとんどが火の海につつまれています。 

これが、茅ヶ崎市のクラスター、延焼火災・・・


火災の炎をくいとめている広いエリアが、茅ヶ崎ゴルフ場です。大規模な延焼火災のときは、学校の校庭の広さでも炎にのみこまれているのが分かります。

そして、ゴルフ場周辺の樹木が、火災をさらにくいとめる役割をしているのだそうです。 

1923年の関東大震災は、相模湾北西沖を震源とするM7.9の地震。強風が吹いていたことで、火災延焼が火災旋風になりました。茅ヶ崎の海岸側では、強い海風はひんぱんに吹きます。

住民の希望は、緑・静かな環境・広域避難場所の維持

周辺住民へのアンケート調査も、市民団体の「広域避難場所を守る会」が実施しています。 。

アンケート結果では、住民の希望は圧倒的に以下の3点でした。

★緑・環境の維持
開発案であれば、住宅周辺の松やみどりは切り倒されます。 

★広域避難場所機能の維持
小・中学校のグラウンドの広さでは、延焼火災から確実に身を守れません。また、ゴルフ場の自然の丘を開発で削れば、津波はさらに街の奥に流れ込みます。

★ゴルフ場としての維持 

実は一番お金がかからずに広域避難場所の維持ができるのが「ゴルフ場の存続」です。

広域の公園で残るのであればよいですが、公園の維持には多額の税金もかかるため、市長は市営・県営公園にはしない、と言っています。

ゴルフ場であれば、みどりの空間がそのまま残り、災害時に市民が活用できます。そのままゴルフ場として残すことが、市民の命を守る財産、にもなります。


f:id:Merimaa88:20150921161646j:plain

空間と緑を住民に開放できるゴルフ場

全英オープン会場のゴルフ場は、年間50日も公園として開放されているのはご存知ですか?

ゴルフ場を市民に開放することは、工夫次第でいくらでもできます。

私たちが提案して、めざすのは、住民と生活の中で共存できる、新しい風の吹き込むゴルフ場!

ここなら、茅ヶ崎ゴルフ場の芝生なら、ペットも災害時に避難できます。


祖父江歩プロが語る「茅ヶ崎ゴルフ場の魅力」、高橋先生の語る、ゴルフ場周辺エリアの人気の理由、芝生についての話、ベンジャミンさんの故郷のゴルフ場の市民開放・・・ などなど、シンポジウムでの興味深い話はたくさんありました。


merimaa88.hatenablog.jp