湘南に住もうと思うなら、松林と住む話

『湘南』には、 実は「松林」こそなくてはならないもの、なんです。

あの時サザンの姉、えり子さんが茅ヶ崎市長になっていれば・・・

茅ヶ崎海岸の景観を守る活動

桑田佳佑さんの姉・岩本えり子さんの著書
「エリー (c) 茅ヶ崎の海が好き。」 

えり子さんは、サザンファンや市民活動に参加した方はご存知のように、
茅ヶ崎の、サザンビーチの自然と景観を守る市民活動をしていました。


f:id:Merimaa88:20150322105211j:plain


茅ヶ崎で育ち、結婚後にアメリカに渡り、カリフォルニア州の海に面した小さな街、カーメル・バイ・ザ・シー で生活した。

カーメルは海岸線と街並の美しさで知られる観光地。
レストランでのアルバイト、通訳など持ち前のまっすぐさと体当たりで道をひらいて、日本を離れてから26年後、1996年に茅ヶ崎に戻ってきた。
 

変わり果てた茅ヶ崎の海岸

茅ヶ崎で目にしたのは、
街は騒々しく、びっちりと家が建て込み、カーメルの雰囲気とあまりにも違う、変わり果てた海岸の姿だった。

茅ヶ崎の景観を守る活動のために「茅ヶ崎浜・景観づくり推進会議」
略して「はまけい」という会を2005年に立ち上げた。

この年、茅ヶ崎海岸で40年営業をしていたシーフードレストラン「フィッシュセンター」の跡地に、マンションが建設される計画が持ち上がった。
それも14階、高さ47m。


茅ヶ崎海岸から見る富士は「関東の富士見百景」のひとつ。
高層マンションは、ちょうどこの景色をさえぎる高さで、場所も海岸側。

「茅ケ崎海岸を守る市民ネットワーク」を組織して
建設反対運動の中心的役割を担い、3万を超える署名を集めた。
もちろん、桑田さんや加山さん、徳光さんの署名も入っていた・・・

その時のいきさつも、この本には書かれている。
当時、この時の活動は新聞に掲載されて、NHKでもニュースが流れた。
マンション建設は断念され、今は3階建てブライダル施設となっている。




今も市長のハコモノ行政は続いている

これを機に、市は海岸のあるべき姿を考えようという「有識者の会議」を設置し、岩本さんも住民代表として委員に選ばれた。

AERA の当時のインタビュー記事によれば、

そこまでは(高層マンションが撤回された)市民の声が行政を動かしたという「良い話」だったのだが、岩本えり子さんは「ここからが問題だった」と言う。

「市が提出したのは道路や駐車場の開発案ばかり。
結局、市民の同意も得ていますよ、というお墨付きを与えるための
アリバイづくりに使われたようなものなんです。・・・」


2007年「茅ヶ崎市長選候補」として、えり子さんの名前が出たこともある。
もしお元気であれば、次回の選挙への出馬が実現していたと思う。 

茅ヶ崎市長選挙では、出馬していないにもかかわらず、えり子さんの名前を書くために、市民が投票所に出向いたという話も聞きます。

なぜ、えり子さんは市長への出馬を考えたのだろう?
 
当時の市長(現市長と同じ服部信明氏)が行おうとしているのは、いわゆる利益誘導型の公共工事だった。
これが進められることで「茅ヶ崎のよさ」が失われてしまうから。

これを防ぐために立候補の可能性があると。

「カリスマ性があって話に引き込まれていくし、景観を良くしたいという一心で熱心に活動してきたので人望も厚い。『桑田さんのお姉さん』ということには関係なく応援したい」
という市民の声に加えて、サザン桑田さんの選挙への応援があれば、現市長を破り、当選していた可能性は高い。


茅ヶ崎をほんとうに愛して、海とともにある
茅ヶ崎の景観の保全に尽力した方だった。

もし、そうなっていれば、えり子さんが
「茅ヶ崎も、かつてはカーメルのように文化の香りがする土地だったのだ。
豊かな自然と、そこに住む人々の暮らし。かつてのように穏やかで美しい、街の調和を取り戻すには、どうしたらいいのだろう?」

と考えていたような町に近づいていただろう。

茅ヶ崎の景色の美しさも、自然の環境の豊かさも、町のかもしだす文化度のような空気も、現在のお粗末きわまりない破滅的なものと、まったく違った進歩をしていたことだろう。


市長が変わらなければ、茅ヶ崎は変わらない。 

ハコモノ開発へ投入する税金のあまりの多さ。
毎年、ふくらみ続けるハコモノの維持管理費。
市民の暮しと福祉にまわってこない税金。
それに馴れあう議員と、市の職員。
ヒタヒタと聞こえてくる「茅ヶ崎市の破産」の足音。
「市長と議員を変えなけらば、茅ヶ崎は変わらない」

広域避難場所にさえ手をつける市長

今、あの時と同じ市長が、また同じことをやろうとしている。

市民6万人の広域避難場所である「茅ヶ崎ゴルフ場」を事業者に開発させる案を募集している。

茅ヶ崎市は県下最大規模のクラスター火災地域。

茅ヶ崎でもっとも危険なのは火災・・・
県の想定では、延焼焼失20000軒。

そのことへの自覚が、服部市長にはまったくない。
それでなければ、最大規模クラスター地域の「広域避難場所」を開発するという発想は、出てこないはずだ。

茅ヶ崎市の街の密集、クラスター火災を作ったのは服部市長本人。

市民の意見よりも、事業開発案が優先されて
とうとう市民生命の安全までもが、事業者に売りに出される茅ヶ崎。 

周辺の住民はもちろん、いくつもの市民団体が開発に反対している今の状況を見ると、

この本は、えり子さんが茅ヶ崎へ残したメッセージであり
「遺書」であるとも思えてくる。

市長と議員が変わらなければ、茅ヶ崎に新しい風は吹き込まない。


merimaa88.hatenablog.jp


エリー(c) 茅ヶ崎の海が好き。

エリー(c) 茅ヶ崎の海が好き。

  • 作者: 岩本えり子
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2008/12/23