またですか?市民の発言をストップした自民党議員 茅ヶ崎

すでに住民の怒りMAXの意見交換会

6月27日「茅ヶ崎ゴルフ場の活用について」
市と市民の間で待望の「意見交換会」が開かれました。

市長は、昨年の夏の議会で「市民の意見を聞きます」と言っておきながら、意見交換は行われず、市民への情報もまるで伝えられない状態。 

やっと開かれた意見交換会は、1年もたってからでした。 

しかも、その連絡は、開催日の直前に回覧板でまわって来た。
いったい何人の住人に開催日が伝わったのだろう? 
しかも午前と午後、たった一時間半の集会。 
こんな短い時間で、いったい何を話し合えと・・・


あまりに住民を軽視したスケジュールと、公開される情報のの少なさ。 

ここに至るまでの過程で、すでに市への住民の怒りMAXです。 

会場に緊迫した空気が漂ようのは、当然のことでした。 

住民にとっては、クラスター延焼火災地域の「広域避難場所の存続」「開発によって住環境を壊されたくない」という、大きな問題です。 

f:id:Merimaa88:20150728212445j:plain
「茅ヶ崎ゴルフ場」の広さが、大火災の炎から住民を救う
 

市民の発言を自民党議員が止めた

ちょうど同じ時期に、自民党議員の「表現の自由」を軽視した発言が問題になり、議員に処分を下しました。
安倍首相が、「表現の自由は民主主義の根幹」「極めて遺憾なこと」と表明する出来事があったばかりです。

谷垣幹事長は「言論の自由を軽視し、国民の信頼を大きく損ねるもの」
管官房長官は「どう考えても非常識だ」とコメント。
 

やっと、やっと開かれた、たった一時間半の意見交換会。 

市民の発言中に、その発言が止められる、という出来事が起きました。

現職の市議会議員から「議事進行!」の声が飛んで、市民の発言にストップがかけられたのです。 

住民側からは「なぜ議員が止めるんだ」
「市民の発言なのだから言わせろよ」などの声があがりました。

行政と議会は二元代表制で、議員がチェックするべき相手は行政(市長)です。

住民の意見を汲む側の議員が、住民と行政の意見交換の場で、市民の発言を止めたのでは本末転倒。 

そのうえ、発言した市民への批判を、さらに自身のフェイスブックに書き込むなどしています。

自分はフォーラムで自由に発言

しかもこの議員さんは、驚いたことに市民発言は止めておいて、その後「茅ヶ崎ゴルフ場での開発事業案」について、自分の開催するフォーラムで、パネラーとして自由に発言しています。

フォーラムでは、「134号線沿いに電車を走らせて駅長になるのが夢」と語っていた議員さん。
何とも変わった夢だと思いますが、市民がこのフォーラムでの発言を止めましたか?
  


日常的な圧力的な「議事進行」

しかし、この「議事進行」、この日の市民集会に限って出てきたことなのでしょうか? 
そうは見えません。

茅ヶ崎の市議会では、日常的にこのような「議事進行」がかけられています。
傍聴している市民目線から見れば、「なぜここで議事進行?」と思うのですが、行政に対して追求してほしいことや、情報をオープンにして欲しいことに限って、議事進行で追求の発言が止められています。

一時的なものでなく、日常的に「恫喝的」で「威圧的」とも感じる「議事進行」が、ずっと続いてきた市議会。

それが、市議会の自民党議員には「当たり前でしょ」という価値観として、成立している怖さを感じます。

行政(市長側)も、こういった議事進行を利用しているのでしょうか? 
 

日頃の市議会でやってることが表に出た

このような、恫喝的に映る議事進行が、議会であまりに日常的に行われているので、「市民の集会」でも市民に対しても何とも思わず出てきたということです。

日頃の市議会でやっていることが、表沙汰になったにすぎないのではないかと思います。

そのうえ、「発言の自由」「表現の自由」を何とも思わず、さらにフェイスブックに市民への批判を書き込むという自民党議員の姿勢を、茅ヶ崎でも見ることになりました。

民主性から遠い、違法に設置された会議も

見えないところで、「表現の自由」を軽視して、考えが違うものをつぶすような仕組みを作って、市長側もそれを認めてしまっているならば、住民の将来に大きな禍根を残すでしょう。

*茅ヶ崎自民党議員の「表現の自由の軽視」 

*情報が住民に公開されないよう、タッグを組む議員 

*住民と行政の話し合いの場があまりに少ない(場を持ちました、のアリバイ作り)

*事業者のの代表者が、自治会のトップにいて威圧的行動に及ぶので、住民が自由に意見を言えない。


なんだか、こんな状況では、まるで戦時中の日本です。
「大本営発表の戦果」だけが無批判に伝えられ、多くの人の生活と健康、生命を危機に陥れました。 

同じような状況で、延焼火災時に市民の命に大きく関わる「広域避難場所」のことが扱われているのです。


茅ヶ崎市は、自分たちで決めた自治基本条例を守っていく姿勢もないのでしょうか?
「134号線沿線活性化の有識者会議」「円卓会議」など市のHPにも公表されない、条例に違反して設置された会議が、次々と作られています。

しかし、そのようなことを議員は問題として、取り上げません。
 
どう考えても茅ヶ崎の主権者は市民でなく、議会と行政です。

茅ヶ崎には、戦時中の社会のような空気感や、威圧的な土壌が今も根強く残っているようです。
 
merimaa88.hatenablog.jp


ところで、以下が住民が発言していた質問の内容です。

意見交換会の議長(市職員)は発言を止めなかったし、住民も止めた訳でもないのに、自民党議員が止めたのです。

「広域避難場所の存続」にかかわる茅ヶ崎住民なら、問いただしたい質問ではないでしょうか? 

市長・副市長・部長の虚偽と思える発言について

昨年8月18日の全員協議会で、「茅ヶ崎ゴルフ場の県有地を、市が買い取るかどうか」の議員の質疑にたいして、副市長が「茅ヶ崎ゴルフ場については、ましてや県から打診されたこともなく、軽々な発言はできない。」と答えているのですが、実は県からの打診は、市は5月30日に書面で受け取っています。
 
そして、6月18日に「本市が買い取る意向はありません」という書面を県に送っています。市長名で、担当課から県知事あてです。

全員協議会は8月18日も含めて3回目ですが、「県から打診があり回答書を出したこと」は、全員協議会に報告されていません。
この書面をチェックしたはずの市長、副市長、担当部長の3名が『打診はない』との報告を行っているのです。

さらに不思議なのは、担当課は「全員協議会に報告している」と言うのです。
報告があったのなら当時の議長は、担当課から報告されていた情報をどうしたのでしょうか? 


このあたりまで発言して、「議事進行!」のストップがかかりました。
議員さんによると、この質問は「中傷」なのだそうです。
ストップがかかったので、市からの回答はないままです。


*「全員協議会」・・・市が議会と市政に関する重要事項等について協議するとともに、市政に関する市から議会への報告を行う。