市民からの苦情トップは「ホノルル姉妹都市」 茅ヶ崎市 

ダントツにトップの苦情件数

平成26年度(2014年4月〜2015年3月)
茅ヶ崎市役所に寄せられた、市民からの苦情をまとめた資料によると、最も苦情が多かったのが、「ホノルル姉妹都市提携について」だった。


f:id:Merimaa88:20150929235244j:plain

★その苦情の内容は

 • 公人なので遺族の意向に関係なく公表すべきだ。
 • 公務中の事を公表できないのはおかしい。
 • 公務中に亡くなったのだから公表すべき。
  ・・・この3つの苦情内容で26件
                        
 • なぜ公務中に海水浴をしてるのか。
 • 情報が不十分、公務なら説明責任がある。
 • 姉妹都市締結で茅ヶ崎にどのようなメリットがあるのか、税金の使い道をよく考えるべき。
 • 海辺を散歩することが公務なのか、ハワイでサーフィンすることが公務なのか。
 • 事故の原因を公表すべき。
 • 死因を教えてほしい。
  ・・・・・・この6つの苦情内容で41件

 • 同行した職員の氏名を公表すべき。
 • 生活が苦しい中何とか税金を払っているのに、公務中にサーフィンなどとんでもない。
 • 出張にはどれほどの費用がかかっているのか、税金の使い道を考えてほしい。
 • 7回もホノルルに出張していたことを公表すべき。
 • 市民への説明がなさすぎる。
 • なぜ最初に情報を隠したのか。
 • 真実を語らず、隠そうとする市長に市政に携わる資格はない。
  ・・・・この苦情内容で21件

 • 職員の名前と所属を公表してほしい。
 • 記者発表のみでは情報公開が不十分である。
 • 公務中にサーフィンなどとんでもない。
 • 市長はすぐにでも辞めるべきだ。
 • 録音して市長に聞かせろ。
 • 税金で遊ぶなんて今後払う気がしない。
 • 市は市民に対して説明義務と責任がある。市の媒体を使って説明すべき。
 • 納税者の気持ちを考えて仕事をしてほしい。
  ・・・・・この苦情内容で13件
 
 • 公務中に遊ぶべきではない。
 • サーフィンはともかく、なぜ最初から言わなかったのか、遅れた理由は何か。
 • 職員の処分はどうなっているのか。
 • 議会で取り上げられる予定はあるのか。
 • 事故死について市民への謝罪、職員の処分、旅費や退職金の返金などの説明があるべき。
 • 今回の件について広報紙に経緯を掲載すべき。
  ・・・・・この苦情内容で6件

市長には説明責任があります

大きくまとめれば、「説明責任」と「税金の使い道の不透明さ」に意見が集約しているといえます。

平成26年度、ホノルル姉妹都市に使った税金の総額は?
いまだに正確に分かっていません。
税金なので、市側から数字を発表すべきですが公表されていないです。

平成25年分も含めると、職員・議員のホノルルへの出張回数は54回、延べ滞在日数は360日以上におよび、総額2600万以上になりますが、担当課が複数あったり、商工会議所への補助金等などを含めると正確な把握はできてないのです。(それ事態が、すでにおかしいのですが・・・)

そして、ホノルルjへ出向くのは茅ヶ崎側の職員のみで、ホノルル市側の職員はひとりも来なかった。   

これも茅ヶ崎側の市長・副市長・職員・議員の出張回数、滞在日数があまりに多すぎますが、その理由については、いまだ市長説明がされていません。 




行政をチェックできない市議会議員

どうして市民の苦情が殺到するかというと、その大きな理由のひとつは、

「本来なら行政に説明を求める立場の市議会議員たちが、追求にしていない」

このような市民からの苦情内容について、市長や担当部署に説明を求めるのは、議員のお仕事。 

市民から苦情が来ているのを知っていながら、市民の声を汲みあげて、議会で説明を求めたのは、ほんの1、2名の議員しかいなかった。しかも、そういう質問にたいして、恫喝的なヤジを飛ばし、発言を止める議員さえいる茅ヶ崎市議会。

そればかりか、本当に驚いたのは、
「議員が自分たちも税金でホノルルへ行く予算を早々と可決」したこと。


merimaa88.hatenablog.jp

税金の使われ方にも、市民の苦情件数は多い

26年度はホノルル予算総額の内訳を見ると、

★予算の半分以上が、市長、副市長、議員、市職員の交通費と宿泊費。
• 姉妹都市提携事務に係る職員旅費  1156万7080円 


★気になるのが、「**委託料」という名目の内訳がやたらと多いこと。
「ホノルル姉妹都市提携」ひとつ取っても、市民の知らないところで使われている税金が多いのです。

• ホノルル市姉妹都市推進委員会委託料  237万7408円 *  
• ハワイサーフィン連盟との推進事業委託料  138万2842円 
• 姉妹都市提携PRステッカー、パンフレット作製  76万8656円
• 姉妹都市提携に伴う市広報番組用素材撮影業務委託料 59万8212円
• ホノルルマラソンでのPRブース使用料  38万1682円
• ホノルル市・茅ヶ崎市姉妹都市提携横断幕作成委託料 20万880円
 
merimaa88.hatenablog.jp