茅ヶ崎・ホノルル姉妹都市提携は誰のため?

市民の知らないホノルル市長への提案書

ここに、ひとつの資料があります。

2014年10月24日、茅ヶ崎市はホノルル市・郡と姉妹都市提携を調印しました。

提携を結ぶまでに、茅ヶ崎市長、副市長をはじめ、職員が54回もホノルルを訪れ、「税金を何だと思っているのか?」「公務中にサーフィンなんてとんでもない」と市役所への苦情がトップだったのは、周知のとおりです。

この資料は、茅ヶ崎市長がホノルル市長に提出した「プロポーザル(提案書)」です。
もし茅ヶ崎が姉妹都市になれば(なっていただければ)、「茅ヶ崎はこんなことをいたします」と、ホノルルのコールドウェル市長に説明するために、市が公式に作った「提案書」です。

そして提携前の7月、市長、副市長、職員4名が225万円(税金)で、ホノルルに海外出張に行ってますから、このときに持参したのでしょう。


問題は、ここに書かれている提案の数々を・・・

市民は、前もって知っていますか?

あるいは、前もって市から説明を聞いたことがありますか?  



ホノルルへの提案内容

おそらく、まったく耳にしたことはないでしょう。
 
ホノルル市長に提案した内容を、市長は市民に説明していません。(それが税金で行われる事業にかかわらず)

市と市民の情報の共有も、情報の公開も行われていないのです。
 
それでは、いったい市長は、市民の知らないうちに、ホノルルに何を提案しに行ったのでしょう?

以下がその提案内容です。


(1)サーフィン大会「ホノルル市長杯」「茅ヶ崎市長杯」開催
(2)ハワイサーフィン協会との連携 
(3)スタンドアップパドルの国際大会を茅ヶ崎で開催

(4)茅ヶ崎市民訪問団のホノルルツアーを開催

(5)茅ヶ崎商工会議所 ハワイ経済交流委員会の設置 
(6)ハワイ商工会議所・ホノルル日本人商工会議所と、茅ヶ崎商工会議所との連携
(7)ビジネス勉強会の開催(茅ヶ崎商工会議所の訪問団がホノルルを訪問)

(8)物産展の開催 
(9)多分野・異業種交流 事業者の交流と業務提携
(10)企業の技術提供

(11)行政職員派遣交流 市の職員をお互いに派遣する 
(12)議員視察 毎年ホノルルへ市議会議員団が訪問する 
 
(13)記念事業の開催 5年、10年記念などの交流事業

(14)子どもたちの交流 小中学生のメール・スカイプなどの交流
(15)各種民間団体の交流 
(16)ホノルル・茅ヶ崎市民会の設立。茅ヶ崎出身ホノルル在住者、茅ヶ崎にゆかりのある人の市民会がホノルルで活動する


市民の皆さんは、いくつ知っていましたでしょうか?
私は、ひとつも知りません。

サーフィン協会とサーフィン大会、商工会議所のための連携、事業者や企業の提携などが大半で、驚いたことに、毎年ホノルルへ議員が視察に行く、行政の職員の派遣交流まで提案されています。

市民の交流は、お決まりのホノルルツアーの他は、何ら具体性がなく、気のきいた内容は見当たりません。
 

f:id:Merimaa88:20150902110250j:plain

いつ・どこで・誰が決めた提案?

市民との意見交換会は、この提案書の半年前ぐらいに2回行われただけ。

サーフィン協会や商工会議所にかかわる事業など、いつ・誰が・どこで内容を決定して、いつ市民に情報が公開されたのかなど、いっさい不明です。

議事録すら残っていないんじゃないですか?


ホノルル姉妹都市の提携の要望書を市長に出したのは、
茅ヶ崎市観光協会
茅ヶ崎商工会議所
茅ヶ崎アロハ委員会
 の3団体。
(アロハ委員会も商工会議所内)

茅ヶ崎市議会がアロハシャツを着用するようになったのは、商工会議所から要請があって始めたもの。


そして、市民交流が、なぜ「任意団体への委託事業」になるのか? 理解に苦しみますが、「ホノルル交流委員会」として、補助金(税金)で活動しているメンバーは、

*茅ヶ崎商工会議所
*観光協会
*アロハ委員会(商工会議所内)
*茅ヶ崎サーフィン協会
*アロハマーケット(商工会議内)、
*ハワイとの経済交流委員会(商工会議所内)
など。


また、市から「ホノルル姉妹都市関連の補助金」が支払われているのは、
*茅ヶ崎商工会議所
*観光協会
*アロハ委員会
*茅ヶ崎サーフィン協会


繰り返し、繰り返し、繰り返し、同じ団体名が登場します。

 
*市民の知らないところで、事前に決められて税金が使われていく
*事後報告で、市民の了解を取ったとする、

「茅ヶ崎市のいつもの方法」に、改めて驚きます。

副市長のサーフィン中の事故がニュース報道され、市長の記者会見となりましたが、「なぜ茅ヶ崎の副市長がハワイ出張中にサーフィンしてるの?」と、そこで初めてホノルルとの姉妹都市提携を知った市民が大多数でしょう。


merimaa88.hatenablog.jp