ホノルルウィークの茅ヶ崎市に寄せて アロハマーケット

またひとつ、茅ヶ崎らしい場所が消える

茅ヶ崎アロハマーケット2015 が開催された茅ヶ崎公園のテニスコート。

ここもテニスコートがつぶされて、ハコモノが建ちます。

サザンのコンサートが行われた野球場のある公園ですが、あの開放感のある松林の美しい光景は、もう二度と見れなくなります。おそらく、これで見納めでしょう。

今のうちに、茅ヶ崎らしいこの光景を見ておいて下さい。


merimaa88.hatenablog.jp


私、茅ヶ崎でず~っと育ちました。
子供の頃は右も左も松林ばかり、ひなびてるけど静かで落ち着いたところでした。のんびり、ノーテンキに育ちました。

そんな私でさえ、
昨今の、茅ヶ崎市政と議員の狂乱ぶりにはショックを受けました。


茅ヶ崎で子育てしてる方々、
「何で茅ヶ崎は、こんなに福祉サービス低いの?」
と疑問に思ったことありませんか?

茅ヶ崎市は財政がビンボーなんだから仕方ないのかと思ってました。

茅ヶ崎は裕福というイメージがあるのでしょうか?
実際は、県下ではビリ争いするような下位の財政です。

子育てしにくい理由は、 

市長が(議員が)税金を浪費しまくってるだけです。
現在進行形で、正気なのだろうか?と思うようなハコモノへの税金投入です。 


茅ヶ崎の借金は970億もあって、この先さらに増えます。
(1時間当り、28万増えるってスゴい ⇒ 今見たら、1時間当り60万増えてた!)

www.city.chigasaki.kanagawa.jp


それから、ハコモノを増やした結果として、当然増えた維持管理費。
これが毎年50億以上かかってると思います。この先さらに増えます。
(今のペースでは、1年に7億は増えて行くようです。)
 
市のハコモノ予定を見てみると、建てるわ、建てるわ、建てるわで、
これじゃあ、使うべき所にお金がまわってくるはずない。


*市役所の立て替え
「ぜったいに工事費は72億円をマックスとする。どんなことがあってもこれより上回らない。」と、これは市長の公約です。
しかし、大まかなところだけで、90億円使っています。 

「足りなくなったら、税金をあげればいい」とか平気で言う市職員がいて驚きます。


*柳島スポーツ公園 

土地の取得費を含めれば、すでに110億円以上の事業。
さらに柳島スポーツ公園の隣には、25億円の道の駅も作ります。

ハコモノ予算はこの先もガンガン上乗せです。

お金使うほど、何か嬉しい出来事があるのでしょうか。

ちょっと待ってください、これは借金なんだから、この先、返済しないといけない金額です。

このような予算に、反対の声のひとつもあげない議員、ただ次の選挙の票のために、ハコモノを推進してる議員ばかりです。


*近年建てたコミュニティセンター・・・高砂コミセン、鶴嶺西コミセン、松浪コミセン。
*ゆかりの人物館、浜見平の開発、市役所の建て替え
*これから建てるもの・・・柳島スポーツ公園、松浪の消防署
*文化資料館を移転して、博物館を建設
*福祉会館と海岸青少年会館の複合施設(茅ヶ崎公園)
*複合諸説の建設に伴うテニスコートの移転
*市民文化会館の耐震改修工事
*さらに、茅ヶ崎ゴルフ場の開発問題
*道の駅

書き忘れはないかと、考え込むような、ものすごい建設ラッシュ。
さらに、ホノルル姉妹都市提携に税金投入で、議員がホノルルへ行く予算も取っています。


全部、税金。


茅ヶ崎公園テニスコートもつぶしてハコモノ。
(サザンがコンサートをした松林の美しい公園)

「広域避難場所」である、茅ヶ崎ゴルフ場の開発計画。

茅ヶ崎市は、県で最大のクラスター火災延焼地帯です。

(このクラスター火災地域も、4、50年間、安全なまちづくりを怠ってきた結果です。)

市民の皆さんは、知っていましたか?

津波にばかり目が行きますけど、関東大震災は相模湾が震源地。今や茅ヶ崎は大火災も起きるんです。



ぼったくりバーの請求書だ、茅ヶ崎市

池上彰の番組で、以前に橋下知事が「国の請求書は、ぼったくりバー」と発言して話題になったことを取り上げてました。

茅ヶ崎市長の税金の使い方も、「ぼったくりバー」です。

中身も全然知らずに請求書を回されてるのは私たち市民です。


ハコモノを増やすと、当然、維持管理費がかかります。
今でも維持管理費だけで、毎年50億円以上使われています。
これは、毎年、金額が増えていくばかり。減ることはありません。

さらに、市長は茅ヶ崎を「中核市」にしようとしています。公務員の数が増えて、さらに人件費など税金がかさみます。
中核市の前段階の、保健所政令市への移行でも出費は増えています。 
 
ちなみに、茅ヶ崎市全体の公務員の人件費は177億円ほどかかっています。

市の借金がかさんで、ヒタヒタと足音が聞こえるのは「茅ヶ崎市の破産」・・・あるいは、それに近いような状態・・・今のペースでは、起こりうるのでは?
市の財政状況に詳しい市民から、不安の声があがっています。 


いったい、どこに子どもや高齢者に回る福祉の予算がありますか?

実際のところ、そういったことに自由に使えるお金がなくなってしまったのです。

私たちの暮らしが良くなる訳ないです。
はっきり言って、この先ずっと良くなりません。

数々の記録を持つワースト・シティー

実は、茅ヶ崎市、神奈川県内でいろいろなワースト記録を持っています。

「待機児童数」は、県内最多になりました。

「小児医療費の助成」は、小学校3年までで、他市より劣ります。

「中学給食」はいまだにありません。 

茅ヶ崎市の「振り込め詐欺」被害は、県内でダントツにトップ。 

また、特別支援学級の開設(知的障害や自閉症などの児童生徒が学ぶための学級)がある市立小中学校は半数にとどまっていて、開設率は県内で最低。 

そして、「市民一人あたりの公園の面積」、これも県下19市でほぼ最下位です。


じゃぶじゃぶと湯水のように、市長がハコモノ開発に税金使ってる一方で、これが茅ヶ崎市の実情。
この状態を放置しておいた市民も、責任はあるのですが・・・
 
それなら、どうすればいい?
どうしようもないんじゃないか?
 
違うんですね。

まず、声をあげましょう。

とにかく、おかしいと思うこと、疑問、要望、苦情あれば、市役所に電話して聞くか、市のHPからもメールできます。 
  
本気で知りたければ市の窓口で、『公開資料請求』しましょう。
市政に関する資料や書類は、誰でも公開請求できます。
 
「茅ヶ崎市自治基本条例」で定められている、
*市民との情報の共有
*市民の市政への参加
*市民への説明責任 

市は、「市民に説明しなければならない」と条例で定められています。


早い話、市民がノーを言われなければ、勝手にイエスがお役所仕事です。

ガマンすることないと思います。
当然に、私たちは子育てであれ何であれ、税金でもっと生活の質が豊かになっているはずです。 


☆茅ヶ崎市HPから「市長への手紙」 
質問、疑問、意見などに、市長から直接に回答をもらえます。(実際に返事を書くのは担当課ですが)
www.city.chigasaki.kanagawa.jp

茅ヶ崎市役所 0467-82-1111


f:id:Merimaa88:20150503120131j:plain

この街に住んで、暮らして本当に楽しいですか?

私は、特にここ数年、茅ヶ崎で楽しいという感覚を失いました。

これでは、茅ヶ崎市に税金を払いたくないと、「ふるさと納税」で他市に支払う住民が増えるのも当然です。

だいたい本来のリゾートって、ビーチで本を読んだり、ただ自然の中にいたり、風に吹かれてただのんびりして、ウトウト昼寝をしたり・・・

人工のモノがないほど、高級リゾートのはずですが、
茅ヶ崎はそういう、のんびりするための場所ではないのですね。

やりたいのは、「リゾート」でなく
「リゾートの名を借りた開発」ですか?

何だか根本の考えも、感覚も違います。


茅ヶ崎市は、以前に「まちづくりに市民が何を求めるか」 アンケートを行いました。

市民が最優先に求めたのは、「安心・安全とみどりの住環境」です。
(結果は、みどりの基本計画などに記載されています。)

そういう声って、どこに行くのでしょうね?

みどりの開発が最優先、
みどりの伐採も規制出来ないし、生態系もデタラメにする。

商業施設、イベントの人ごみ、
わーわーと騒音する中で、暮していくのが理想ですか?
鳥の声や、波の音も聞こえない。

海岸の砂は削られて止まらないし、浜はゴミだらけ。
ビーチ沿いの建物のデザインや色、街中の看板の色のミスマッチ。

それを茅ヶ崎市では「にぎわい」と呼びます。

ある企業から、三流の田舎政治と言われた茅ヶ崎市。

でも、それも納得できます。


村上春樹さん、ぜひ、茅ヶ崎市長になってください。(迷惑かと思いますけど)

「いずれにせよ、人はどれだけ政治を避けようとしても、必ず何らかのかたちで政治に巻き込まれていくものです。
それと正面から向き合う姿勢は、すべての人が常々しっかり準備していなくてはならないものだと、僕は基本的に考えています。アーティストに限らず、誰であれ。」(村上春樹「村上さんのところ」より)


merimaa88.hatenablog.jp