読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

湘南に住もうと思うなら、松林と住む話

『湘南』には、 実は「松林」こそなくてはならないもの、なんです。

広域避難場所の「数字」を変える県の職員 茅ヶ崎ゴルフ場

ひとり当りの安全面積を、2㎡から1㎡に減らして計算

現場の消防とのあまりの温度差に、ほんとうに怒りがわいてきます。

誰にって? 神奈川県の行政にです。 

災害に真摯に向き合わず、机上で、数字をいじくったり、文言変えて操作したりする県職員にです。

オリンピックに舞い上がって、市民(県民)の命を考えない黒岩知事にです。


平成28年2月19日に、神奈川県が茅ヶ崎ゴルフ場の事業提案を募集するにあたって「募集要綱」を発表しています。 

http://www.pref.kanagawa.jp/uploaded/life/1016966_3351374_misc.pdf#search='神奈川+茅ヶ崎ゴルフ場+募集要綱'

しかし、「募集要項」の内容には、次のことが必須事項になっています。

ここにたいへん問題となる、数字の操作があります。 

周辺住民や市民の方、わかるでしょうか?


延焼火災からの避難空間として、約6万人分の広域避難場所を確保する(最低6万㎡以上)


神奈川県の「広域避難場所の指定基準」では、ひとり当たりの必要面積は2㎡。

茅ヶ崎市の住民6万人分に必要な、広域避難場所の安全面積は、12万㎡なのです。

「茅ヶ崎ゴルフ場」は住民6万人を収容します。
6万人を収容するなら、2㎡×6万人=12万㎡が必要です。

しかし、県は最低面積をを6万㎡としたということは、1㎡×6万人=6万㎡。

つまり、県はひとり当りの必要面積を、2㎡から1㎡に減らして計算していることが分かります。


しかし、1㎡に減らすのは「期待する避難住民の収容数に満たず、加えて他の避難地を選定することが不可能なとき」です。

茅ヶ崎ゴルフ場には、すでに「6万人分に必要な12万㎡以上の安全面積がある」ので、1㎡は適用できません。
今現在まで、茅ヶ崎ゴルフ場では(1人2㎡で計算している)6万人を収容できています。


あくまで、市民(県民)の命より、事業者による開発を進めたい神奈川県の職員は、広域避難場所の指定基準を変更するような計算をしてきました。 


そして、神奈川県が定めている「1人当たりの必要面積1㎡で計算する算出式」では、6万㎡で収容できる人数は5万4千人になるのです。

県の職員の出してきた募集要綱では、6千人を収容できないことになります。

住民6千人が逃げ込む場所を失う計算で、募集要綱を出したことになります。

募集に応募する事業者は、このことを知っているのでしょうか?


さらに、茅ヶ崎ゴルフ場周辺は「出火密度の高い」クラスター火災地域であり、災の輻射熱から生命の安全を守るためには、広域避難場所は密集市街地から300m離れなければなりません。

しかし、これも事業計画の建築物などの配置によっては300mを保てない可能性もあり、この場合不足人数はさらに増加します。


神奈川県は、12万㎡の広域避難場所をとったら事業の採算が出ないからと、広域避難場所の面積は6万㎡でいいと考えて、このような数字を変えることまでやるのでしょうか?

黒岩知事の言う「災害救命の重要性」など、しょせん机上の空論でしょうか?

県と同調するとしている茅ヶ崎協同の代表者も、数字を変えたことになります。


茅ヶ崎市民(神奈川県民)の命と事業の利益を、あからさまに天秤にかけて計算してきた6㎡です。




災害は「想定外」だから災害

今年の3月4日に放送された
『消防隊だけが撮った0311 彼らは「命の砦」となった 』  

「災害は、想定外だから災害なんだ」

現場で火災などに直面する消防のことばは、重みが違います。

県で最大のクラスター火災地域の茅ヶ崎にとって、放送された延焼火災の映像は、実際に起こりうること。

街を全滅から救うために、灯りのない、雪の降る寒さの中、ありったけのホースをつないで炎上する火災の消火に向かう消防隊。
自分の家も炎でつつまれているのに、現場へ向かう消防士。

しかし、直下型などで家屋が倒壊し、同時多発火災が起きた場合、消防がかけつけて消火するのは不可能です。


f:id:Merimaa88:20160402225547j:plain


千葉 市原のコンビナート火災。
消防士から「想像を絶する」と言われた、ブレビーと呼ばれる大爆発。
1時間に5回の大爆発で、800mの炎があがる。

爆風で人家のガラスが割れ、タンクの破片が降ってくる。
もし、そのカケラが原油タンクに当たったら、京葉工業地帯が全滅の可能性もあったといいます。

8万5千人に避難勧告が出されましたが、これは広域避難場所である「茅ヶ崎ゴルフ場」の収容人数6万人を超える数です。


炎上中、消火が行えない、火が強すぎて消防でさえ近づけない。


茅ヶ崎でも、大規模な延焼火災では、炎から300m離れないと命が危険にさらされる場合もあります。

そして、茅ヶ崎だけが地震に見舞われて、被災する訳ではない。

どの市も、自分たちの救出しかできない。

連絡さえ、つながらない。311がそうだったのです。


merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp