まるで映画のシーンのような「茅ヶ崎ゴルフ場」での出来ごと

初めてのゴルフに挑戦プログラム

3月30日(水)、市民6万人の広域避難場所となっている「茅ヶ崎ゴルフ場」で「春休みだ!子供たち集まれ!初めてのゴルフに挑戦プログラム」が開催されました。

まったくゴルフは初心者のキッズから、すでにゴルフを始めているジュニアまで30名以上が集まり、PGTAライセンスをもった女子プロゴルファーたちがボランティア参加!

スナッグ・ゴルフを中心に、子どもたちを指導してくれました!


f:id:Merimaa88:20160409225633j:plain
スナッグ・ゴルフのクラブとボール

スナッグ・ゴルフって何だろう?

スナッグ・ゴルフは、元PGAプロゴルファーが6年の歳月を費やして開発。
「やさしく」「正確に」「どこでも」「だれでも」ゴルフの基本を学ぶ事ができます。
スナッグ(SNAG)の意味は、Starting New At Golf(ゴルフを始めるために)の頭文字。

いっけん、子ども用のゴルフ用具に見えますが、ゴルフの基本技術であるフルショット・ピッチショット・チップショット・パッティング、コースプレイまでを本格的に習得できる工夫が施されています。

ボールはテニスボールよりも小さいサイズの柔らかいボール。
フルショットすると、けっこうな迫力で飛びますから、親子でプレーすると、けっこう大人の方がハマっていたりします。


f:id:Merimaa88:20160409230408j:plain
まず、クラブの握り方を教わって・・


f:id:Merimaa88:20160409231817j:plain
さっそく打ってみよう!


スナッグはゴルフの基本を学ぶために開発されているので、ティーショットを打ち、アプローチをして、パットをする風景は「ゴルフ」そのもの。

そして、子どもから高齢者まで、親子で、あるいは祖父母と孫など3世代が、ゴルフはまったく未経験でも、気軽に安全にプレイできるのが、スナッグです。


ボランティアの女子プロが指導

この日、PGTAの女子プロの方々が子どもたちのために集まって、熱心に指導してくれました。

すでにゴルフを始めている子どもたちへは、アプローチショット、バンカーショット、パッティングなど多彩です。

f:id:Merimaa88:20160410103853j:plain


f:id:Merimaa88:20160410104158j:plain


f:id:Merimaa88:20160410104535j:plain

上の写真は目土袋の砂を、芝をけずった部分に入れているところ。 
基本の「マナーやエチケット」も学びます。

長距離を移動してゴルフ場に行かなくても、海岸に面した住宅街にある「茅ヶ崎ゴルフ場」では日常的に、子どもたちも芝とみどりでゴルフを経験できます。 

            

・・・と、そこへ突然現れた、ゴルフ場にまったく似合わない異様な一団!


なんと、県が茅ヶ崎ゴルフ場の事業者募集をする「現地見学会」が、同じ日の、同じ時刻に行われていたのでした。


f:id:Merimaa88:20160410102738j:plain

まるで、葬儀の列のように、背広と革靴で黒いかたまりがゾロゾロと歩いていきます。

そして、夕方になって・・.

なんということでしょう!


f:id:Merimaa88:20160410114151j:plain

プレーを全身で楽しむ子どもたちと、その「現地見学会」の黒い一団の隊列が、ちょうどコース上ですれ違ったのです。

その光景は、まさに色彩からして明と暗、創造と破壊、未来への希望と暗雲、映画のワンシーンを見るようなシュールさでした。


何よりも、茅ヶ崎ゴルフ場が、いま目の前でプレーしている子どもたちの命を守る「広域避難場所」であることを、事業者たちは理解しているんでしょうか?


まるで、そんなことに構わず、応募している事業者もいると聞きます。

事業開発により、広域避難場所が確保できなくなった場合に・・・
住民への命の責任、未来の世代まで大規模な火災延焼を抱える場所で生活する住民への責任を、事業者は負えるんでしょうか?


この光景を同じように、印象的に感じた住人は多かったようです。


「茅ヶ崎ゴルフ場」を広域避難場所として、緑の空間として、後世に残して欲しいという周辺住民の意見は、アンケート、パブコメ、意見交換会などで明らかです。


★そして、開発有利に「広域避難場所」の数字まで変えている県
merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp