茅ヶ崎市のペット避難をどうしよう・・? Part2 「茅ヶ崎ゴルフ場」の芝生 

もし大地震が来たら・・・

みなさんは、ペットをどのように避難させますか?

県でペット率2位という茅ヶ崎市ですが、飼い主がペット避難にあまり関心を持っていない、というのも実情のようです。

しかし、Part1の記事にもありますが、大地震で同時多発火災が発生、大規模な延焼火災となった場合、あるいは延焼火災のおそれがあり、高齢者や体の不自由な方など早い段階で避難準備をする場合、「広域避難場所」などにペットと共に逃げ込むことになります。
そして、災害の危険性がおさまってから避難所(小・中学校)でペットを連れて避難生活をします。(ペット収容OKとは限らない。)

こういった震災時に、行政はどこまで対応してるのでしょうか?




「震災時に、どれだけ準備があるのかな?」

避難所(小・中学校など)

日頃から飼い主さんができる対策 

★ペットの名前や連絡先などを記した「迷子札」をつけておく
★最低3~5日分のフードと水、防災用品を用意しておく
★避難所生活に備え、ケージやキャリーケースに慣れさせておく
★ペットと一緒に避難訓練をする
★家族以外の人に慣れさせておく など


★避難所でのペットの受け入れについて <ガイドライン>もまとめられています。
www.city.chigasaki.kanagawa.jp

茅ヶ崎市の場合、ペット避難を担当するのは
市役所・環境保全課 0467・82・1111(代表)


避難所(小・中学校)にペット収容ができたとしても、ケージが足りるのか、ペットの鳴き声(かなりの音量になる)、フンの処理などあります。

ペットアレルギーの問題もあり、人とペットが同じ室内で過ごす「同伴避難」はまず許可されません。(熊本地震でも不可)

必然、ペットの収容場所は「屋外」になります。


f:id:Merimaa88:20170820102503p:plain

ただ、
★避難所に「ケージ」のストックはない 
★ペットを風雨から守る専用テントの準備は特にない 

というのも実情で、ペットはケージに入れられた状態や、ひもでつないで屋外、風雨や寒さ、暑さをしのぐには学校のテントかビニールシートをかける程度になりそう。

熊本地震では、小型犬は寒暖差に弱く、屋外につながれたペットが衰弱死するケースもあります。

震災ともなれば、人間のフンの処理でさえ大変(!)な状況で、ノロウィルスの感染なども発生するなか、犬のフンも清掃して、食事を与え、ケージから出して散歩・・・

本当に、震災時にそんな余裕あるのでしょうか? 


状況によっては、市内のすべての小・中学校が、ペット収容 OKとは限りませんし(ペット収容を許可するかどうかは、避難所ごとの判断になる)、こういった事情からも車上生活を選択するケースが多くなっています。

行政としても、なるべく避難所でなく、可能な限りは自宅生活してほしい、知人を頼ってほしいというのは本音なのではないでしょうか。

茅ヶ崎のクラスター火災と「広域避難場所」

市の北部から南部(海岸側)に向かうほど、住宅の密集が激しくなり、すでに空き地がないのですから、「避難所」や「広域避難場所」の数も少なくなってきます。

特に東海道線より海岸側は、県で最大のクラスターで延焼火災地域。

ひとたび火災が広がると、狭い道にびっしりと建て込んだ住宅街は、焼け野原になってしまうような想定が出ています。 
 
f:id:Merimaa88:20150508141742j:plain


JR東海道線より南(海岸側)の一帯。

ここは、茅ヶ崎市のなかでも、さらに最大規模の延焼火災地帯(県で1位の規模)

人口に見合う「避難所」(小学校・中学校)があるかも不明、県立公園のようなみどりの広域な公園も設置されていません。 

さらに驚いたことに! 

地図右下の「広域避難場所」=茅ヶ崎ゴルフ場(濃いみどり色)では、県と市と茅ヶ崎協同による開発計画が問題になっています。


f:id:Merimaa88:20150611220945j:plain
「茅ヶ崎ゴルフ場」市民6万人+ペットの広域避難場所


f:id:Merimaa88:20150611221411j:plain

住宅街のゴルフ場は奇跡のスペース

茅ヶ崎ゴルフ場は、9ホールの歴史のある小さなゴルフ場です。
住宅街の中に存在しているのは全国でも珍しく、密集した住宅街に、このような広大な緑のスペースが残っているなんて、奇跡的と思いませんか? 

実は50年以上ゴルフ場だったから残っていたと言えます。

この「芝生の広いスペース」があれば、延焼火災から身を守るために、かなりの数のペットも火災から避難させることが出来ます。 

鳴き声も気にならず、リードの犬もつないでおけるし、フンの世話も楽です。

何より緑の多い環境で、人もペットもストレスが相当に軽減されるはずです。


県でペット率2位という茅ヶ崎市ですが、ペット避難(広域避難場所への避難と、避難所での生活)にあまり関心を持っていない飼い主さんが多いのも実情です。

災害時には、市が何とかしてくれると思っているのかもしれません。
しかし、地震発生が早朝・夜間・土日などの場合、1時間以内に市役所に集結できる職員は、わずか10%ほどといいます。


実際に命の攻防戦となる、地震発生時の初期では、何にでも使える広域なスペースがあるのは、安心感がまるで違います。 

茅ヶ崎ゴルフ場の6割は、県有地なのですから。

みどりの広大な広域避難場所=茅ヶ崎ゴルフ場を、例えば市営ゴルフ場のような形でも何でも残せれば、災害時に芝生にテントを設置するなどの可能性も作っていけるはず。 

茅ヶ崎ゴルフ場を開発しても、市営公園、県立公園として残すという選択肢はない、と市長は回答しています。  

 
ゴルフ場の広域なスペース、この場所を開発の手から守っていきましょう! 


merimaa88.hatenablog.jp