「柳島しおさい広場」と放射性物質「白いテント」茅ヶ崎市 その2

「しおさい公園」と名前は変わっても・・・

f:id:Merimaa88:20150802162508j:plain


下水処理場にあるテニスコートなどの施設は、(平塚の四之宮や辻堂南部も同じように)、風向きによって臭気は相当なものがあったりする。

公園の芝生でお弁当をひろげて、ゆっくりとなごみたい匂いではない。 

それに加えて、柳島の下水処理場は「放射性セシウムを含む灰」の保管場所であり、市内で液状化リスクの最も高い場所であり、海抜0mの津波浸水エリア。

たえず強い海風に吹きさらしになり、テニスボールは風で流れる。

サッカーコート利用が少年に限定されているのは、施設が処理場の上にあるので、構造上大人用フェンスを設置できないため。ナイター設備も設置出来ない。
 
「しおさい広場」→「しおさい公園」と名前は変わっても、実際は一般的な公園とは状況も違って、設備の制約が多い。

つまり、公園としての施設の充実には、始めから無理があるといえる。




「しおさい広場」のパブリックコメント

「しおさい広場」は、柳島に県の巨大な下水処理場を作ることになり、地元住民への迷惑や負担をかける対策として、施設の上部を公園にしてスポーツ施設などを作った経緯がある。

テニスコートなどは、地元優先枠で使用出来ていた。市に管理が移ると優先枠が廃止されるが、こういった臭いなど日常の負担を思うと、優先枠はあっていいと思う。平塚の四之宮にある処理場の公園は、優先枠システムを継続している、


★「しおさい広場」パブリックコメント
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/012/814/kekka.pdf


市では、「しおさい広場の維持管理を市に移することで、気軽にスポーツができる環境づくりを進め、スポーツの推進を図る。」と言っている。

しかし、施設が処理場の上にあるので、構造上フェンスもナイター設備も設置出来ない。スポーツができる環境づくりは出来ない。

これは、むしろ柳島一帯を開発して、巨額の税金をつぎ込みたい理由にも聞こえる。

公園として適した場所なのだろうか?

放射性物質を保管した「白いテント」に近い場所には、こどもの水遊び場があり、夏場は多くの子供連れが遊んでいる。

震災後、高いベクレル値が検出されていた時期でも、たくさんの子供がサッカーに集まったり、芝生で遊ぶ家族を見かけたが、焼却灰は134号線からすぐ見える場所に、野積みになっていた。

当時、市のホームページに公開情報を探してみたが、見当たらなかった記憶がある。

f:id:Merimaa88:20150802221541j:plain
公園の脇は処理場の施設

また、「柳島スポーツ公園、しおさい広場、柳島キャンプ場、道の駅の完成後には、4施設が連携することで、スポーツ・レクリエーション、観光やにぎわいが期待できる」と市は言っている。

これも、ハコモノ開発にさらに税金を投入する理由にしか聞こえない。


市内で液状化リスクの最も高い場所であり、海抜0mの津波浸水エリア。
「放射性セシウムを含む灰」の保管場所であり、強い海風に吹きさらしになり、設備の劣化も激しい。下水処理場も、昭和52年の施設で劣化している。

大地震でもっとも液状化しやすい場所に、多額の税金をかけた施設を集めることになる。 

いずれにしても、始めから構造上、強度不足で公園設備を作れない下水処理場の施設を、「広場から公園と名前を変えて」市民の公園とする発想がおかしい。

公園というのは、もっと一等地にこそ広大に、市民(県民)のために作られるべきだ。

ハコモノを建てる開発には、惜しみなく市の税金を投入しているのだから、作れないわけがない。
 
f:id:Merimaa88:20150802222607j:plain
柳島スポーツ公園 予定地

公園というより、駐車場の開発

ちょうど134号線がカーブしている、見通しの悪い交差点。
駐車場の出入りには渋滞が起こりやすそうな場所で、かといってバスもなく、車でないと不便。 

柳島スポーツ公園も、入札提案を見ると、公園としての緑よりも、施設や駐車場と車の通路が、優先して場所を取っている。
もともと、予定地の広さでは、構想にあるようなスポーツ施設を建設するには狭い、無理があるという専門的な意見もあった。

そのために、柳島スポーツ公園の「公園面積は最低限」になってしまった、 


「道の駅」というのは「24時間オープンの駐車場」が必須条件なので、周辺の治安は大きな問題になる。

今の時点でも、「あっという間に、サーファーの駐車場になるのでは?」「暴走族の集会場」「車中泊に絶好の場所なのでは?」と言われている。

トイレ施設や24時間の駐車場の維持管理に税金が使われるが、それに見合う収入は出るのだろうか? 
トイレの水とともに、ゴボゴボと税金が流れていく施設なのでは?

平塚では住民の強い反対があり、「道の駅」の計画は中止になっている。
 
柳島一帯の開発に、いったいいくらかかるのだろうか? 

「柳島スポーツ公園」は用地の取得費と合わせて、すでに110億円以上かかっているという。
「柳島キャンプ場」と「しおさい公園」の維持管理費、「道の駅」の用地取得費とハコモノ建設費、さらに維持管理費・・・

134号線をまたいで、施設をつなぐ大規模なブリッジも計画されるのだろう。 


いったい、どれだけハコモノに税金を使うつもりなのだろう?

茅ヶ崎市の待機児童数は県内でワースト、小児医療費の無償化の遅れ、中学校の給食はなし、市民一人当りの公園面積は県で最下位、みどりの保全への無策、特別支援学級の開設率は県で最下位、振り込め詐欺の被害金額は県でトップ、延焼火災については県で最大の被害想定・・・

ハコモノに税金を使い過ぎて、借金が増大し、これからも増える茅ヶ崎市。

「財政難」という市長の言い訳のもとに、暮しに直結する、上記のようなことへの対策は、何ひとつ実現されなくなるだろう。


merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp