たった一回のパブコメで作った110億超「柳島スポーツ公園」 茅ヶ崎 

説明なしのパブコメとは・・・

現在、相模川に近い中島にある「相模川河畔スポーツ公園」。
クレーのテニスコート4面と、サッカーやラグビー、陸上競技などに利用されています。

しかし、国が新湘南国道や相模川を整備する築堤工事を行うので、このスポーツ公園を移転することになったそうですが。
(実は、移転する必要はなかった、、という話も聞きます) 


そして新しく建設する「柳島スポーツ公園」の施設について、

*どういう規模の施設にするか
*どれぐらいの総工費なのか
*市の直営なのか、民間経営なのか
*土地利用の考え方について 
*アクセス方法について 
  

など、76ページにも及ぶ基本構想(案)について、重要なことは市民への説明会もろくに開かず、平成21年7月22日~8月18日まで、わずか1回のパブリックコメントだけを実施して、市民から意見を募集しました。


このときに、柳島スポーツ公園がPFI 事業で行われること、その結果としてどうなるのか、総工費をどれぐらい使うのかなどを、事前に市民に説明していないこと(行政のおそるべき怠慢)、これが後々に尾を引いていくのです。


*パブリックコメントとは・・・ 
市が計画等を策定する際にその内容を公表し、市民から寄せられた意見等を考慮して計画等の決定をしていくもの。

しかし実態は・・・?
「市民の意見を聞いた」というアリバイ作りになることが多いです。

f:id:Merimaa88:20151024174135j:plain

初めから予想のついていたパブコメ

そして市民からの、パブコメの意見を参考にして(というタテマエで)
柳島スポーツ公園整備基本構想(平成21年10月) 
柳島スポーツ公園整備基本計画(平成22年9月)が作られていった訳です。

(仮称)柳島スポーツ公園整備基本構想|茅ヶ崎市
(仮称)柳島スポーツ公園整備基本計画及び概要版|茅ヶ崎市


パブリックコメントでは、どのような意見や希望があったのかは 以下の資料で分かります。

http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/007/910/publickekka.pdf


とはいえ、説明なしの、わずか1回、1ヶ月足らずの期間限定のパブコメ、集まった意見は277件、166人の意見です。 

166件というのはパブコメとしては多い方です。

★しかしですね、これは「基本計画について」のパブコメと呼べるものでなく、むしろ「アンケート」と呼んだほうがいいレベルのパブコメ。

そりゃ、そうです。

ふつうは、土地取得費などを含めて100億円以上投入する(市庁舎の建て替えに匹敵する)スポーツ公園を作るなら、ワークショップなど作って、市民への長期の説明会や意見交換をするのが当然。

ところが、そんなもの茅ヶ崎市の場合は何もなく、いきなり渡された76ページの基本構想を読み解いて、意見を送れるような、超人的な市民がいますか?


初めから「サッカーグラウンドが欲しい」「テニスコートが欲しい」程度でしかない意見が集まるのは想定済みです。

「サッカーグラウンドが欲しい」という意見がたくさん来たから「柳島スポーツ公園を作ってもいい」と市民に了解を得たことにする、そんな意味合いのパブコメ(アンケートレベル)です。

パブコメからわずか2ヶ月後に「基本構想」ができてしまうなんてずいぶん早いと思いませんか? 
すでに「基本構想」は出来ていたのではないでしょうか?


★要するに、事前に、市民に向けて、柳島スポーツ公園の重要な点をさまざまな側面から説明し、「意見交換会」ができる場を作らないまま、建設に入ったのです。


それに、この時点では(今現在もそうですが)、ほとんど総ての市民は、今までと同じ維持管理のスポーツ公園ができるものと思って、パブコメを書いています。

それは、何ら説明がなかったので当たり前です。

しかし、柳島スポーツ公園は、市も初めてのPFI 事業。

建設費も維持管理費用も最終的には税金で支払いますが、スポーツ公園の維持管理は事業者です。
事業者にグラウンドやコートの優先利用枠があり、スクール事業を行います。

このことは、市民は知っていて、パブコメを書いたのでしょうか? 




なぜこんなに建設予定が遅れているのか・・・?

圧倒的に、パブコメで要望が多かったのは「サッカーグラウンド」。
整備されたサッカーグラウンドのない茅ヶ崎市では、天然芝のグラウンドの要望が多数。

それから「テニスコート」の面数を増やしてほしいという要望。

当初、柳島スポーツ公園の完成は平成26年(2014)でしたが、平成28年(2016)年に延期されました。

延期の発表と同時に、柳島スポーツ公園整備基本計画(平成22年)が発表されています。
(仮称)柳島スポーツ公園整備基本計画及び概要版|茅ヶ崎市

そしてさらに、完成予定は平成30年(2018)に延期されました。 


平成30年オープンとすれば、パブコメは9年も前に実施されたことになります。

建設の大幅な遅れによって、パブコメに意見を送った小学生は、柳島スポーツ公園でボールを蹴ることのないまま、成人式を迎えます。 


f:id:Merimaa88:20151024172343j:plain
 

延期の理由は、ひじょうに厳しい財政難

市から報告された建設の遅れる理由は、


*非常に厳しい財政状況だそうです


「市役所の建て替え、浜見平地区の整備事業、辻堂駅西口周辺整備事業 など、さまざまな緊急性の高い事業との兼ね合い。」

市役所の建て替えで90億を使ったし、お金がない。
  
「関係者、関係団体、関係機関との協議&意見調整、パブリックコメントなどを通じ幅広く市民の皆様の意見を聞き、反映させるため 」→ やってないよ

「周辺土地利用を含めた、排水計画の見直し等による基本計画策定の遅れ」
「用地買収期間と施設工事期間の整理」 など

(2010年9月)全員協議会の資料 

  
「非常に厳しい財政状況」 だと言いながら、市役所の建て替えの後も、ハコモノ建設はとどまる所を知らず、予算を見直す気配もありません。 

「非常に厳しい財政状況」 であれば、「市役所建て替えの予算を縮小する」「柳島スポーツ公園の予算を縮小する」「ハコモノ建設予定を整理して洗い直してみる」

などの方法もあった訳ですが、市はそれはやっていません。



この規模のスポーツ公園が、本当に必要?

これほど税金をかけるスタジアムは、何のために必要なの?

実は、このことが市民のあいだで話し合われていないまま、建設に入っています。

「大きなイベント」という説明をする市にビックリします。
具体的に「大きなイベント」って何を想定しているのか?、それもはっきり示されてないのです。


それから、入札での採点を見ると、大きな疑問点があります。


建設が延期されているうちに、平成23年に東日本大震災が起こりました。
柳島スポーツ公園は、「浸水の想定はあっても、津波の被害はない」とされていたエリアでした。
しかし、震災後、服部信明茅ヶ崎市長をはじめ13市町が、県に津波の想定見直しを要望。 

柳島はもともと、液状化のリスクが市内で最も高い場所、さらに津波の想定の見直し、相模川の氾濫リスクなど。

そこに、巨費を投じたスポーツ公園と道の駅を建設する必要性については、震災後に市民と話し合われていません。


f:id:Merimaa88:20150709145841j:plain


110億以上もかけるなら、もっと市民と話しあうのが当然。  

なぜ、やらないのかと思いますね。

いったい誰のために建設するスポーツ公園? 

事業者のため? それとも市民のため? 

何でサッカー・グラウンドひとつに10年もかかるのでしょう? 

この金額の税金投入は、市のお財布の状態から適切なのでしょうか?

確かに「三流の田舎政治」と、茅ケ崎市が指摘されてしまったのも無理ありません。 
 

merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp