茅ヶ崎の最も液状化する場所に、税金250億?

熊本地震の液状化の帯

熊本地震によって、熊本内陸部に「液状化の帯」ができた。

海岸から約8キロの内陸部で、有明海へ流れる二つの川(白川と加勢川)にはさまれた、幅約50~100メートル、全長5キロの帯状のエリアに液状化が集中した。
かつて川が流れていた「旧河道」で、土砂が堆積(たいせき)した場所に沿って「液状化の帯」が生じた可能性があるという。

地中から噴き出した砂が建物の周囲や道路などに広がり、住宅が沈み込んで大きく傾いたり、逆に住宅の周囲が最大75センチ沈下した場所も見つかった。 

柳島は関東大震災で隆起

関東大震災のときには、江ノ島は0.9m、茅ヶ崎の海岸側は1.4mほど隆起している。

特に柳島地区全体は、
「柳島は(震災前は)印旛沼のようだった。一年中、ウナギや鯉がいっぱいいて遊舟会をやっていたが、その辺一帯が陸地になった」との証言もある。(ちがさきの関東大震災)

柳島の隆起して出現した土地は、町内で3等分したという。

今まで湿地で耕作が出来なかった柳島河原地域が、農耕地に適するようになり、さっそく国や県に開墾の手続きを取り, 住民総出で畑にしたという。
また毎年のように繰り返されてきた大水の被害も少なくなった、という証言もある。(自治会・五三会 1990)




液状化のリスク

柳島は地震によって、もっとも変貌した地区だった。

沼のような、舟遊びのできる湿地帯が震災によって隆起して、一帯が陸地になった。
(平塚らいてうなども、南湖院を訪れたときに、柳島に小舟を出したことを記録している。)


f:id:Merimaa88:20160604153938p:plain

現在の小出川は、A 地点から直線的に相模川河口に向けて流れているが、震災前は大きく南に迂回してB 地点(鳥井戸橋付近)で千ノ川と合流し松尾川となって、点線のように流れて、C 地点で入江のように延びる水路に注いでいた。

江戸時代にはさらに広い入江で柳島湊(みなと)として栄えた という。

ところが、地震によって河口付近の河原地域が隆起して港が完全に消え、松尾川の水も出口を失って、現在の浜見平団地付近に滞留した。

水は次第に田んぼだけでなく畑にも浸水し, 排水のために村民総出で堀割工事を行ったという記録もある。(自治会・五三会1990)
 
★茅ヶ崎・寒川での関東大震災の跡
http://sakuya.ed.shizuoka.ac.jp/rzisin/kaishi_28/HE28_001_017_Takemura.pdf#search='神奈川県茅ヶ崎市・寒川町での関東大震災の跡'


f:id:Merimaa88:20160604160854j:plain

茅ヶ崎市 液状化マップ 

茅ヶ崎市の「液状化ハザードマップ」を見ると、柳島一帯はかつて沼のような湿地帯でもあり、柳島の液状化のリスクは非常に高いレベル1になっている。(上図:左下オレンジの部分)

「柳島スポーツ公園」と「道の駅」の建設予定地が、ドーナツのように液状化リスクのレベル1からはずれているのが、不思議といえば不思議なマップになっている。

★茅ヶ崎市の液状化ハザードマップ
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/008/005/ekijoukamap.pdf


しかし「柳島スポーツ公園」のパブリックコメントに使われた資料では、柳島スポーツ公園の立地は、液状化の可能性大になっている。(下図:左下の赤が建設地)

f:id:Merimaa88:20160604165213j:plain

災害への備えよりもハコモノ

茅ヶ崎市の液状化マップを再度のせてみた。(下図)

千の川に沿った市の中心部にも液状化エリアが集中している。


f:id:Merimaa88:20160604220306j:plain


いずれにしても、茅ヶ崎全図の液状化マップで、もっとも液状化のリスクの高い場所に、巨額のハコモノ建設が続く。


*茅ヶ崎市役所・・・市役所の建て替えと維持管理費に、結局いくら税金を使っているのでしょうか? (建て替えで約90億、年間の維持管理費は2億3千万ほど)

「震災などの災害に備える拠点として、市役所の建て替えが必要」と、さんざん豪語していた議員さん。 
住民の広域避難場所が、県に開発される問題についてはダンマリですか?


*柳島スポーツ公園・・・柳島河原地区の土地の買い上げに約20億円。建設費と維持管理費に75億円。その他の費用も合わせれば111億円以上に達している。さらに10年ごとの改修費が必要。
柳島キャンプ場としおさい公園、道の駅も加われば、最も液状化する場所にさらに施設が集中する。


*道の駅・・・同じく柳島の土地の買い上げに4億8千万(予定)。
建設費に25億円(予定) 維持管理費は未定。
特に、市民から「維持管理費はいくらかかるのか?」という度重なる質問に、とうとう市は金額を答えなかった。 
小学校にほぼ隣接して、道の駅の24時間オープンの駐車場を作るというのも、環境上、問題ないのだろうか?

パブリックコメントから抹消した意見

市民の質問に「答えなくてもいい」という姿勢を見せている市長が最大の問題ではあるが、それにしても・・・

熊本のような震災があってもなお、仮設住宅用地が足りるのか、足りないのならどこに確保するのか、茅ヶ崎ゴルフ場の12万㎡の広域避難場所を残せるのか?などへ、何ひとつ明確なコメントを出せない市長に、市民の命は守れるのだろうか?

万一、災害が起きた時の避難生活が、いったいどれだけ真剣に考えられているのか?

市内で最も液状化する場所に、次々と巨額の税金を投入してハコモノ建設をする前に、やることをやっているのだろうか?
 
また、「市の公益」を考える副市長にとっては、公益というのはマネーであり、建物であり、公益=お金が価値を示す単位になっているようだ。
「命や安全が価値」という言葉を聞いたことがない。


道の駅パブリックコメントで
「子どもの医療費、中学校の給食、保育園不足の待機児童、他に税金を使ってください。そういった環境を整えることを優先して欲しいと思います。道の駅、ぜったい反対です!」
といった市民からの何通もの意見は、市はことごとく抹消してパブリックコメントのHPに載せることはなかったことを、市民は知っていますか?


merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp