茅ヶ崎市民のみなさん、この写真を見てください!

この1枚の写真を、見てください。

これが、神奈川県で最大といわれる、茅ヶ崎市の「クラスター火災地域」を上空から撮った写真です。(クリックで拡大)

この中に、マッチ1本投げこめば、端から端まで燃え広がっていくのが想像がつくと思います。

所々にある小さな茶色い四角・・・
これは、小中学校のグラウンドですが、大火災から身を守る場所としても震災後の避難生活場所としても、いかに、わずかなスペースしかないかが分かります。

f:id:Merimaa88:20151124185253j:plain

広域避難場所がなくなってもよいですか?

左下のはじにあるのが「茅ヶ崎公園野球場」ですが ここでさえ、とても小さく見えます。
そして現在、テニスコートをつぶしてハコモノ施設を建てる計画です。

まん中のみどり色、唯一残された、広いスペース。
ここが「茅ヶ崎ゴルフ場」です。

もし、このスペースを失っても、わたしたち住民は大火災から命を守れるのでしょうか?

この写真を見て、あなたは生き延びられると思いますか?

たった今、このスペースが開発されようとしています。


f:id:Merimaa88:20151124185253j:plain

住民の大反対を強引に押しきろうとしている

今年の8月27日から「茅ヶ崎ゴルフ場の利活用基本方針素案」つまり、
「県と市と茅ヶ崎共同がこういう開発にしたいと出した案」への市民の意見が、パブリックコメントとして募集されました。 


集まった意見は271件、この多さは異例です。(過去に例がない)


271件の意見のうち、
*「茅ヶ崎ゴルフ場の存続」を求める意見が110件以上、
*基本方針や素案それ自体の「過程がすでにおかしい」とする意見、
*市や県・茅ヶ崎共同への不信感、 
*素案の撤回、を求める声、
*透明性がない、ことへの不安、
*市民の声を真剣に聞く気がない、ことへの大きな怒り、
*行政のご都合主義の指摘。

*ゴルフ場存続署名2万人への軽視、
*開発主導のコンセプト自体がおかしい、
*開発否定、
*広域避難場所としての開発への否定、
*緑が豊かな茅ヶ崎を返せ、
*緑を残せ、開発を望まない、

*「意見交換会」自体がおかしい、
*資料データを出した市の十分な説明を求める、
などで80件以上。


公園としての希望が21件。
しかし、すでに市長は「市営公園も県営公園もつくらない」と言っているのを、市民は知っているのでしょうか?

公園を希望する人のほとんどは、海浜公園のようなものを想像しているようですが、それはすでに「可能性はない」と昨年から市長は言っています。

結局のところ、

ハコモノ開発を望む声など、数えるほどしかなかった!

それが、茅ヶ崎市の住民の声です。


change.org への賛同をぜひお願いします!

www.change.org

merimaa88.hatenablog.jp