箱根駅伝、あの松林、茅ヶ崎の光景は見納め・・?

f:id:Merimaa88:20180225171539j:plain

お正月の2日、3日は恒例の箱根駅伝。

茅ヶ崎は往路3区(戸塚~平塚)で、134号線の海岸沿いを走ります。

藤沢の遊行寺から茅ヶ崎海岸に向けての道中は、TV中継では、延々と続く電柱と電線、建物、看板がうつし出されて、みどりも松林も、湘南から、茅ヶ崎からほとんど消えてしまいました。

選手が海岸に近づくと、浜須賀の交差点を曲がって、海岸沿いの134号線に入ります。 

このとき、道路わきのみどりの濃い松林、海岸、正面に富士山など、一気に茅ヶ崎らしい(とされる)光景が映し出されます。

箱根駅伝では、茅ヶ崎の名物とも言える伝統的な光景です。

しかし、しかし・・・全国の駅伝ファンのみなさん!

この茅ヶ崎の景色は、今回で見納めになるのかもしれません。

たとえ今年見れたとしても、近い将来に様変わりするかもしれません。


(この記事は2017年1月1日に、新しい情報を加筆しています)




神奈川県は、砂防林を伐採して道路を通す計画

ちょうど、浜須賀の交差点を曲がり、海岸の134号線を走っていく選手の右手には松林が続きます。

そこが「茅ヶ崎ゴルフ場」の敷地内の砂防林で、およそ1kmぐらい続いているでしょうか。茅ヶ崎の海岸線の貴重な緑のスペースです。

この134号線の両脇の松林は、県の管理する砂防林で、海岸からの強風・砂・潮、車の騒音はもちろん、津波の際には歯止めになるありがたい存在。つくづく樹木の恩恵を感じます。 

松林の管理・保全については県の管轄なので、この美しい砂防林の光景を残すのか、残さないのかは県の判断とも言えます。

いま、この「茅ヶ崎ゴルフ場」が県によって大規模に開発されようとしています。

ゴルフ場といっても「茅ヶ崎ゴルフ場」の敷地は、6割は県有地。 

神奈川県(財産経営課)は、この砂防林の松も一部伐採して、道路を通そうとしています。 
 
周辺住民の猛反対にあい、いったん計画は白紙に戻されたとはいえ、東急電鉄・電通グループの提出した開発案は、ホテル建設、300戸の住宅、マンション、商業施設、温浴施設・・・という大開発でした。

みどりも大幅に減り、生態系の破壊になるのはもちろんですが、住民の90パーセントは静穏な住宅環境、緑の環境を望んでいて、計画への圧倒的な「白紙撤回」の声が新聞各紙に報道されました。


f:id:Merimaa88:20151229004012j:plain
茅ヶ崎ゴルフ場内の砂防林 

津波の通路となり、「広域避難場所」は失われる

自然の防波堤にもなっている松林を伐採し、ゴルフ場の丘を切り崩し平坦にして、南北に道路を通せばどうなるでしょう・・・? 津波の発生時には、さらに奥にまで津波を流し込むことになります。

また、駅伝中継ではヘリコプターから、上空からの茅ヶ崎の映像が映ります。昔とはさま変わりして、びっしりと、すきまなく建て込んだ家屋の密集と、ほとんど失われた緑・・・

これが、茅ヶ崎市の「クラスター、延焼火災地域」と呼ばれる木造密集地です。


f:id:Merimaa88:20160813093215j:plain
緑色の部分が茅ヶ崎ゴルフ場 


大地震の同時多発火災で、火災延焼が止まらなくなった場合、特に茅ヶ崎市の海岸側の延焼規模は県で最大です。(非公式ながら消防では日本一とも言われています。)

糸魚川での大火のように海岸からの強風にあおられた場合、火の勢いは予想がつきません。木造密集地域と、入り組んだ狭い道路、強風・・・平塚市のように延焼を止める広い道路を持たない茅ヶ崎市は、糸魚川の大火と条件が似ているといえます。

「茅ヶ崎ゴルフ場」は、この延焼火災時の「広域避難場所」(6万人)に指定されています。

オリンピック、ワールドカップのための開発?

広域避難場所の破壊、緑の破壊、静かな住環境の破壊、生態系の破壊など、住民の強い反対には、多くの理由があります。

(子供たちも反対しているのを、忘れないでください!)


また、パブリックコメント(市民・県民からの意見)を無視して、早急にコトを運ぼうと指示した県の財産経営課の傲慢さ。住民からの意見の聴取よりも、「違法と判定の出された会議」で作った方針を県に提出した市長。

県議会では「広域避難場所や公園の確保を厳しく義務付けられると、事業提案は非常に難しくなる」という事業者からの発言を、県の議員は問題に取り上げていません。 
 
スポーツとして考えれば、ゴルフもオリンピック種目です。茅ヶ崎ゴルフ場は、ジュニアが練習できて、住宅街のなかに立地する数少ないゴルフ場です。

しかし、江ノ島に誘致した、東京オリンピックのヨット競技のために、茅ヶ崎ゴルフ場(=大規模火災時の広域避難場所)をつぶしてホテル建設・・・地震大国の「広域避難場所」を、オリンピックのために開発する行為は、五輪史上でも前代未聞の出来事として残るでしょう。


f:id:Merimaa88:20151229004848j:plain
 
90%の住民(県民)は「静かな環境」「緑の環境」を望んでいます。

 

「広域避難場所」に砂防林を指定

県と事業者が提案してきた開発案にたいして、茅ヶ崎住民が猛然と怒った、もうひとつの理由・・・

「広域避難場所や公園の確保を厳しく義務付けられると、事業提案は非常に難しくなる」という事業者の発言を県の議員は認めたこと。

そして、ゴルフ場内の「広域避難場所」の面積は半分に減らし、残り半分の面積のつじつま合わせとして、134号線の砂防林を「広域避難場所」に指定してきたこと。 


テレビ中継ではきれいに見えるかもしれませんが、海岸側の砂防林は大きな段差があって、高齢者や車椅子は入れず、うっそうとしたヤブになっていて、人が入り込める場所ではありません。(散歩の犬でさえいやがって入りません、、)

また、いったい何をどう安全であると評価して、東急電鉄・電通グループが事業者として決まったのかという説明を、県は住民にできない状態で、まるでブラック・ボックス状態であることも大きな問題となっています。


f:id:Merimaa88:20170101123731j:plain
134号線の砂防林の状態 

「命を守る直接請求」

茅ヶ崎市では、大規模火災時の広域避難場所に指定されている「茅ヶ崎ゴルフ場」の開発問題をきっかけに、広域避難場所の面積として「避難者1人当たり2平方メートル」を確保しようと、防災条例の制定を市に求める「直接請求」が行われたところです。

☆「茅ヶ崎ゴルフ場」の存続を希望し、開発に反対する2万3千人の署名も集まっています。


☆2017年1月2日、3日の駅伝には、「みどりと命を守る住民会議」の住民がビラを配りますので、ぜひ受け取って読んでみてくださいね!

chigasakigj-news.hatenablog.jp


merimaa88.hatenablog.jp

スポンサーリンク