134号線の条例に違反した会議 茅ヶ崎市

市民に知らせない会議

服部市長が4期目に入って、自分たちで決めた条例を守らずに、市民に知られなければいい、と考えているような会議が、次々に見つかっています。

たとえば、「国道134号沿線の活性化に関する有識者会議」です。
(名称が長いので、「134号線の有識者会議」と省略します。)

この会議は、今年の3月30日、4月27日とすでに2回の会議が開かれていたのですが、市のHPにも公表されず行われていました。

市民からの指摘により、「ばれた!」のですが、
「どうしてこの会議を公表しないのか?」と聞かれた、市の企画経営課は「ホームページにのせるのを忘れていた」と答えました。

しかし、ホームページに載せたのは、さらに後の6月末です。
ちなみに、当時の担当課の部長は、現在の副市長です。

いったいどういう理由でこのようなことになるのでしょう? 


★後日、この会議は茅ヶ崎市の監査委員により、
違法と判断されました。

merimaa88.hatenablog.jp

公開しないでいい理由がない

「市民との情報の共有が基本」の行政で、このように、市のHPにも公表されないというのは、仕事が「ずさん」だから? 
それとも「わざと」なのでしょうか?
市長には、はっきりとした説明をする責任があります。
副市長の決済まで取られている会議です。 


おまけに、この会議については、審議会でないから、市民に「公開しないでいい」というのです。

しかし、市はこの会議での「提案」を受けて「基本方針をまとめ、個々の計画に反映させていく」としています。どう考えても実態は附属機関と同様な会議です。
「公開しないでいい」とする理由は、まったく見当たりません。

そして、会議に出席する有識者の委員には、他の審議会と同じ1回1万円の謝礼が支払われました。 
それだけでなく、多数の市の職員の残業代、「博報堂」まで呼んでいる経費など。 

人選に公平性のない会議も当たり前

会議のメンバーは9人。
現地へ足を運んだことがあるのだろうか?と思う大学教授、いつものNPOと商工会議所と観光協会、マリンレジャー施設を提案する事業者と懇意な有識者市民、建築家などです。

さらに、会議のメンバー全員が高齢の男性、という人選。
茅ヶ崎市では、134号線の今後を考える重要な会議で、女性は参加も発言もできないようです。

「集まっているメンバーの平均年齢はおそらく70才を超えている」と、メンバー自身が言うような、年齢的にもかたよった人選。 また、一般公募の周辺住民の参加もありません。 

なぜ男性のみの会議になっているのか?

これは議会でも質問されていましたが、市長の回答は

「結果として、男性のみの構成になりました」 

「参加いただいている団体には、当然女性も所属されており、所属の方のご意見も十分に踏まえ、会議に参加いただいていると考えております」

という、お粗末なものです。
「女性は団体の所属者?」とさらに発言が追求される始末です。 


この会議は、当初「市民には公にしない」とメンバーは言われていたようで、市のHPに、会議の存在も日程も(もちろん議事録も)公表されずに行われていました。

最終回の会議など、出席者が9名中4名しかいません。
過半数に達していないので、会議は成立しないはずですが。この会議の議事録は、いまだにすべてアップされていません。 
 
パブリックコメントを募集している最中ですら、第4回の議事録(最終回)は、とうとう市のHPに載せられず、パブリックコメントが終了してから載せられました。

担当課長の説明は『載せなくても分かると思った』ということです。


f:id:Merimaa88:20150824192227j:plain
これと似てますね。いつものメンバーで打ち合わせ

どれだけの数、違法な設置の有識者会議

市民に知らせないうちに会議が次々と作られて、
市長や担当課が「この人がテキトウ」と判断した委員が選ばれて、
職員がお付きのようについて山盛りのファイルを抱えて、
市民よりも早い段階で委員に情報を与えて、
市の職員が事務局になり、報告書をまとめていきます。

それが、市の基本方針になり、
市民からのパブコメまで取られて、
市の事業となって税金が投入されていきます。


先の「豊かな長寿社会に関する有識者会議」は、「要綱」の設置すらありません。
ローカルファーストのシンポジウムと共通するメンバーが選ばれていますが、「座談会」のように意見を自由に言ってもらい、それを市が報告書に作っていくというやり方です。

おまけに、「パブコメは少なくてもやりにくいけど、多いと面倒」と、有識者の東大教授が平気で言うのですから(正直と言えば正直ですが)、やっぱりパブコメって、こんなもの・・・
市民の意見を聞いたとするアリバイ作りであると分かります。

市民はどれだけアリバイに使われているのだろう?

会議の中で副市長が発言しています。

「当然、まとめを県のほうに提出する予定でありますし、これをもとに本市としても基本方針をふくらませてまいりますので・・」

「ここでいただいたご意見をもとに、私ども基本方針をつくって、これをパブリックコメントとして、方針として確定して、すぐにでも個々の色々な土地利用の展開に反映させなければいけない、ということでございますので・・」

この会議でやってよいのは、委員の意見の聴取のみです。
「まとめ」て「基本方針」を作るなら、違法な会議の設置となります。
 
★「134号線の有識者会議」第4回の議事録
http://www.city.chigasaki.kanagawa.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/014/309/4kaigiroku.pdf


「134号線沿線の土地活用開発でお金を生んで、そのお金で海岸を美化する」という、タテマエを作る会議でもあるようです。
お金になりそうな場所は、海岸美化のための開発って言えば、それらしく聞こえます。

道の駅を作るのも、茅ヶ崎ゴルフ場の開発案にも利用できます。
 
そんなことしなくても、
「ハコモノを整理して、ハコモノをやめれば、海岸美化のための税金は出てくるはず」って言われてますよ、市長。 

市民ってどれだけいいように、言いくるめられてるんだろう?


merimaa88.hatenablog.jp

merimaa88.hatenablog.jp